記事

フィッチが警告、結局ECBの国債買い入れしかない?

大手格付け会社のひとつである「フィッチ・レーティングス」が、現在のユーロ危機を救うには、「ECB(欧州中央銀行)」がイタリア国債の買い付け額を拡大するしかない、と警告している。現在の欧州債務危機で、とりあえず危機に瀕しているのはイタリアだ。

イタリアは、この4月までに約1000億ユーロの国債を発行しなければならない。すでに金利も高止まりしており、このままどこも手を差し伸べなければ、デフォルトという可能性も出てくる。以前、ECBが無制限の国債買い付けをやるしかユーロ圏は救えない、といったことを書いたが、いよいよその通りになりつつある。

EU圏内の銀行の多くは、今後欧州金融安定ファシリティー(EFSF)や欧州安定メカニズム(ESM)を使って、増資をすることになるのだろうが、いまのままで間に合うとは到底思えない。その実効性に、すでに疑問符が付いていることを忘れないことだ。特に、ハンガリーなどのような小さな国がデフォルトを起こしただけで、金融マーケットはすぐに連鎖する。この“連鎖”に対して、常に注意する必要がある。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE80A00V20120111

ところで、日本は本当に大丈夫なんだろうか。自民党や公明党は、自分たちが作った莫大な財政赤字なのに、消費税率アップについては議論にも応じないとしている。選挙をやって、政権に返り咲きたいのはわかるが、いまそんなことをしている暇はないはずだ。

我々の居住空間の周辺にはきれいに整備された公園もあれば、美しい橋や豪華な施設が数多くある。しかし、その半分は将来からの借金だと思うと、やはり恐ろしい。借金はいずれ何らかの形で返さなくてはならない。その中には、貨幣価値の転換や大緊縮財政など数多くの選択肢がある。世界一の債権国と言っても、その債権の多くは米国債だということを忘れないことだ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  5. 5

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  6. 6

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  7. 7

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

  8. 8

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  9. 9

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  10. 10

    最大派閥が支持しないから河野氏を応援? 進次郎氏の言動に自民議員が苦言

    赤池 まさあき

    09月16日 14:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。