記事

部活廃止の動きでるが… 松井秀喜、長友佑都らを育てた部活


【部活で人生が変わったプロスポーツ選手は多い】

 名古屋市教育委員会は3月5日、市立小学校におけるすべての部活動を2021年3月末をもって廃止すると発表した。公立学校の教員には超過勤務手当が支給されないことが法律で定められており、現状では時間外労働は無償で行われている形となっている。部活動などは勤務時間も含めて、教員に対する負担が大きく、業務内容を見直すという理由から、「部活動全廃」に至ったというのだ。

 しかし、その一方で「部活動は必要だ」という声が多いのも事実だ。

 都内のある中学校の放課後、校庭では野球部・サッカー部・陸上部が活動している。野球のベースも、芝のコートも、トラックもないがお互いが譲り合って楽しそうに汗を流す生徒たち。体育館では、バレー部がネットを張ってサーブの練習をし、その奥ではバドミントン部がラリーをしている。舞台の上ではダンス部が踊っている。

 彼らやその親たちは、部活の必要性を強く感じている。本誌・女性セブンが高校生を対象に行ったアンケートでは77%が「部活は必要」と回答。小学生以上の子供を持つ母親も、83%が「部活は必要」と答えた。

「部活動がなければ、私はマラソンに出合っていない」

 こう語るのは、女子1万mで1988年にソウル五輪に出場した元マラソン選手の松野明美さん(49才)。

 彼女は小学生の頃、ソフトボール、水泳、陸上と多岐にわたって活動するスポーツ部に所属していた。この部活動が松野さんの人生を大きく変えることとなる。それは小学5年生の時、スポーツ部の一員として出場した町内のマラソン大会での出来事だ。

「頑張って走ったら1位になった。顧問の先生と家族の笑顔が嬉しくて、“また1番を取ってみんなを喜ばせたい”と思ったのが、マラソンを始めるきっかけでした」

 その日以来、顧問の先生はいつも松野さんの走る姿を見守ってくれた。顧問とやりとりする連絡ノートに「明日は部活を頑張ります」と松野さんが書くと、「期待しています」と返ってきた。その一言は今でも松野さんの脳裏に焼きついているという。

「部活は新たな自分に出会える場。学校の部活なら“ちょっとやってみよう”と軽い気持ちで参加できて、自分でも気づかなかった才能を発見できる可能性がある。すると自分に自信がついて毎日の生活が変わります」(松野さん)

◆柔道部がなかったからこそ…

 巨人やヤンキースで大活躍し、“ゴジラ”の異名を世界にとどろかせた元プロ野球選手・松井秀喜氏(43才)も、部活で人生が変わった1人。

 生まれたときから体が大きく、身体能力に恵まれた松井氏は、小学生で野球と柔道を始める。先に芽が出たのは柔道。地元・石川の県大会では3位に入賞している。過去のインタビューでも松井氏は「野球よりも注目されていたんです。立ってよし、寝てよし。石川県では結構、強かったんですよ」と語っているほどだ。

 しかし、進学した中学に柔道部がなかったため、野球部に入部。通算打率6割など八面六臂の大活躍で頭角を現し、そこから甲子園のスターに。成り物入りでプロ入りし、世界へと羽ばたいた。

 部活が人生の転機となるのは文化系も同じである。『東京タラレバ娘』『海月姫』などヒット作を連発する漫画家の東村アキコさんは宮崎県の県立高校にある美術部に入部し、そこで絵を描く喜びを知った。

 また、「表現したい」と志を同じくする仲間とも出会ったそう。その中にはのちに現代美術作家として世に出る後輩もおり、その作品を見て「天才ってこういうことか。私の絵はダサいんだな…」と感じたことを明かしている。

 部活動を通して自分とは違う才能に出会ったことも、東村さんが画家ではなく漫画家になる1つの理由だったのかもしれない。

 発展途上の小中高生が人間として大きく成長できるのも、学校の部活だからこそ。6月に開幕するロシアW杯でも活躍が期待されるサッカー日本代表の長友佑都選手(31才)も部活で「人間力」を磨かれた1人。

 Jリーグ愛媛FCの下部組織に落ちた長友少年は仕方なく地元の西条北中学のサッカー部に入部した。ちょうど同じタイミングで同中学に赴任したのが長友選手の恩師となる井上博先生だった。

「当時のサッカー部は悪ガキの巣窟で、まともに練習する生徒は皆無でした。佑都も部活をサボっては先輩に連れられてゲームセンターに行っていた。真面目にサッカーをやりたい気持ちはあっても周りに流されて逃げることの多い子でした」(井上先生)

 サッカー部の立て直しを誓った井上先生は、「お前らを何とかするけぇ絶対について来いよ」と宣言し、部員一人ひとりの家庭を訪問した。

「部活をサボる佑都に『お母さんがこんな姿を見たらどう思う?』と言うと、女手ひとつで育ててくれた母を大事に思っている彼は涙を流しました。時には佑都の家に行き、お母さんに『ちょっと佑都を借りるけぇ』と夕飯を食べに連れて行って、ぼくも泣きながら話をしたこともあった。その繰り返しで佑都は徐々に変わっていった」(井上先生)

 部員にノートを配って「交換日記」も行った。

「最初はみんな適当に書いていたけど、ぼくが必死で返事を書いたら子供らも応えてくれた。佑都も最初は『今日はシュート練習をして楽しかった』と1行程度の内容だったけど、そのうちページいっぱいにきれいな字で本気の思いを書いてくるようになりました」(井上先生)

 部員たちの心身の成長とともにサッカー部は強くなり、長友少年が3年生の時のチームは県大会で3位入賞を果たした。子供がスポーツや芸術を通して、人として成長できることも、部活の強みだと井上先生は言う。

「学校生活の延長にある部活だからこそ、サッカーをする前に勉強や身だしなみ、生活態度をきちんとする必要がある。そのため生徒たちには『宿題を出すまでは部活をやらせない』など厳しく指導しています」(井上先生)

 部活を通して苦楽をともにした仲間は一生ものだと語る人もいる。タレントの鈴木あきえ(31才)は都立の高校で過ごした3年間をチアリーディングに捧げた。

 最初は中学から続けた吹奏楽部に入ろうと思っていたが、新入生歓迎会でチア部の先輩たちの華やかな演技を見て一目惚れし、すぐに入部した。

「だけど待っていたのは、ひたすら筋トレの地味な毎日。高校3年間は朝練、昼練、夕練に明け暮れて女子高生らしい遊びをまったくしませんでした。ノーメイクでおしゃれもしない。いつも逃げたい、つらいと思っていたけど、頑張って地味な練習を続けると成果が出る。今も仕事で壁にぶつかると筋トレの日々を思い出します」

 つらい日々を共に過ごした仲間とは現在も週1回は必ず会うほど仲がいい。

「チアの全身を使った演技は一歩間違えれば大けがにつながるので、上に乗る人は下で支える人に命を預けます。相手に絶対的な信頼感がないとできない。だから、当時の仲間のことは体から性格までお互いのことを自分以上に知り尽くしている。今はそれぞれ環境が変わったけれど、何の話をしても『あきえはあの時からこうだった』とすぐ通じ合えるんです」(前出・鈴木)

※女性セブン2018年4月19日号

あわせて読みたい

「部活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  4. 4

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  5. 5

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  6. 6

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  7. 7

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    検事長の定年 口頭決裁あり得ぬ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。