記事

政府は公文書管理ルールを新しく作ったが、これは直ちに抜本的な見直しが必要 - 4月8日のツイート

https://dot.asahi.com/wa/2018040600036.html?page=1…
大阪府立高校に進学特色校・文理科を導入することには教育委員会事務局・学校現場から反対の声が多かった。しかしやってよかった。まずは生徒の頑張りに拍手。よく耳にするのは優秀な生徒が集まっているだけで、学校が何かしてくれるわけではないという話。

そう言われないように各学校も引き続き頑張って欲しい。自称インテリは進学特色校制に反対していた。彼らに共通するのは批判だけで何もしないこと。その筆頭は大阪市特別顧問にまでなって何もしなかった内田樹。彼は教育論を色々語るが、自分が属した神戸女学院大学の凋落すら止めることができなかった

政府は公文書管理ルールを新しく作ったが、これは直ちに抜本的な見直しが必要。紙から電子データへ変わったことで管理思想を根本的に転換しなければならないところ、それができていない。相変わらず紙文書を前提としている。電子データでは「廃棄・消去」は不可能という思想を柱にしなければならない。

新公文書管理ルールは文書の保管期間=廃棄するルールを詳細に定めている。しかし組織内でコピー・転送されまくったデータを組織内で完全に廃棄・消去するのは不可能。電子データであれば原則保管期間を無期限にすることは、場所を取らないので可能。

保管期間無期限・一元管理することが効率的な情報公開も可能にする。電子データの場合には原則無期限保管。そして完全廃棄できるデータは何かを考えるべき。コピー・転送・アクセスが制限されたデータのみ廃棄できる。方法も自動消去プログラムを組み込むなどが必要。それ以外は無期限保管が原則。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29093570W8A400C1MM8000/…
大阪都構想について、役所組織をいじっても意味がないと批判していた人たちはトップとして巨大組織を動かしたことのない連中。平松元大阪市長や藤井チョビひげ。政策実現は役所組織をどう作るかにかかっている。これこそがトップマネジメント。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

・橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
・橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「情報公開」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  3. 3

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  5. 5

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  6. 6

    反日の嘘暴く韓国書籍が日本上陸

    高英起

  7. 7

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  8. 8

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

  9. 9

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  10. 10

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。