記事

ドバイに学ぶ観光戦略

1/2
普通であれば忙しいはずの年度末、わざわざ休暇を取ってドバイに行ってきました。お目当ては3月31日の競馬の祭典、ドバイ・ワールドカップ。趣味が高じて各方面にご迷惑をおかけしましたが、筆者にとってはこれが「人生初中東」。ごく短い期間とはいえ、噂にたがわず「あっと驚く」ドバイ経験を積み重ねることができました。

そこで日本に戻ってみたら、IR法案の与党内決着が話題になっている。「カジノ解禁」に関する危惧は分からないではないですが、ドバイのような徹底した「観光立国」路線を見た後では、いかにもピント外れの議論に思われてしまいます。世界的な「観光産業の時代」をどう考えるべきなのか、私見を述べてみたいと思います。

●かつては知られざる国であった

その昔、全世界でハイジャック事件が相次いだ時期があった。その中のひとつに1973年のドバイ日航機ハイジャック事件がある。おそらくは「よど号」事件(1970年)やダッカ事件(1977年)の間に挟まって、多くの人の記憶から消えているのではないかと思う。

同年7月20日、パリ発アンカレッジ経由羽田行きの日航ジャンボ機は、連合赤軍とパレスチナ解放人民戦線に乗っ取られ、ドバイに緊急着陸した。その後、3日間駐機して日本政府と交渉するが解決できず、飛行機はリビアに向かう。そこで乗客は解放され、機体は爆破される。犯人たちはカダフィー大佐の「黙認」のもと、国外逃亡に成功する。

こうやって書き出してみると、つくづく時代を感じさせる野蛮な事件である。しかし当時中学1年生であった筆者の記憶に鮮明に残っているのは、当時の「世界地図のどこにもドバイという地名はなかった」ことである。

ドバイはもともとアラビア海に面した漁村で、真珠の輸出を主要産業としていた。その後は英国の中東進出に伴い、中継貿易の拠点となっていく。そしてハイジャック事件の翌1971年、英国のスエズ以東撤退に伴い、アブダビなど他の首長国とともにアラブ首長国連邦(UAE)を結成することになる。

そして半世紀前には地図にも載っていなかったドバイは、今では中東を代表する国際都市に生まれ変わった。埼玉県くらいの面積に人口はわずか245万人、しかもその8割以上は外国人と言われている。一人あたりのGDPは3万9000ドル。誤解なきように願いたいのは、これが石油によってもたらされた繁栄ではないということである。UAEは世界第7位の石油埋蔵量を誇るが、その94%はお隣のアブダビにある。ドバイはむしろ商業都市、金融都市、そして観光都市たらんとして成功を収めてきた。

この間、一種の過剰投資が行われている懸念もある。リーマンショック後の2009年11月には「ドバイ・ショック」という事件も起きている。このときは政府系不動産会社のドバイ・ワールド社の債務不履行が噂され、欧米系金融機関の債権焦げ付きの怖れからユーロ安を招くという騒動になったものだ。その後、アブダビ政府がドバイ支援を決めたことで危機は沈静化するが、国際金融市場の影響を受けやすいことが浮き彫りになった瞬間であった。ドバイ政府の投資は決して透明性が高いものではなく、シェイク・モハメド国王の野心的な計画は「危ない橋を渡っている」面があることを忘れてはならないだろう。

ドバイは2020年には万国博覧会を開催する。2022年にカタールで予定されているFIFAワールドカップと併せて、今後は中東湾岸地域に注目が高まることだろう。それにしてもこの半世紀間のドバイの成功は、どこに理由があったのだろうか。

●発展の鍵は「外から人がやってくること」

ドバイ発展の理由その1は「ハブ機能」であろう。「ドバイは西のシンガポール」と考えると分かりやすいかもしれない。

特に国際航空ネットワークにおいて、ドバイ国際空港が果たしている役割は大きい。もちろん24時間運航で、国際線の年間乗降者数はロンドン・ヒースロー空港を上回り世界一となった。そしてナショナルフラッグのエミレーツ航空は、ここからすべての大陸に向けて便を飛ばしている。あらゆる言語に対忚できるのが「売り」で、日本人のキャビンアテンダントだけで400人を擁するというから驚くほかはない。

中東は「アジアと欧州とアフリカ」という3大陸の中間に位置している、という「地の利」もある。これは現地駐在員に聞いた話だが、3月最終週のドバイ空港で日本行きの便が急に取れなくなったという。理由は「花見客のため」。日本の桜のファンは世界中で急増しているが、開花の時期だけは事前に予想することができない。特に今年は例年よりも早く、3月下旬になって「もう咲いた」というニュースが流れた。それと同時に、ドバイ発の日本行き便の予約が殺到したらしい。

近年、都内の桜の名所では外国人を良く見かける。とはいえ、アラブ人風の観光客はそれほど多くはない。ところがエミレーツ航空は、欧州、ロシア、南米、アフリカなど広範な地域を結びつけている。いろんな地域の「桜ファン」が、いっせいにドバイ経由で日本を目指すために、こういう現象が起こるのであろう。

もうひとつの発展の理由は「観光資源」である。ドバイにはいくつもの「世界一」がある。以下はご存知のものが多いだろうが、まるでディズニーランドのような世界が広がっている。筆者の訪問の理由となった「ドバイ・ワールドカップ」も世界最高賞金額であり、全世界から多くの競馬ファンを集めている。

○ドバイの代表的な観光資源


●インバウンドの経済効果はかなり大きい

海外からの訪問客は、どれくらいの経済効果をもたらしているのだろうか。これについて、マスターカード社が発表している”Destination Cities Index”という統計が役に立つ。

○世界の都市の国際観光客ランキング(2016年)1


*支出額8位は台北(735万人、99.1億ドル、+6.9%)、10位はバルセロナであった。

ドバイは外国人訪問客数で世界の都市で第4位だが、その消費額ではダントツ第1位、日本円にすればほぼ3兆円である。同国の経済規模を考えれば、「外から人を呼んできて繁栄につなげる」戦略は、見事に成功を収めていることになる。

しかるによくよく考えてみれば、日本人観光客にとってドバイはそれほど素晴らしい場所ではない。まずドバイは暑い。4月を過ぎると気温は40度を超えるそうである。次にイスラム圏であるために(比較的自由な方だとは言うものの)、お酒や豚肉が手に入りにくい。ホテルの朝食にベーコンがない、というのは個人的には軽いショックであった。もちろんギャンブルもご法度である。従って、ドバイ・ワールドカップでは勝馬投票券を発売していない。賭けたかったら、インターネットで海外の馬券サイトを使うしかない。世界の富裕層を惹きつけてやまないドバイは、こう見えて意外と不自由な場所なのである。

つまるところ、ドバイの「ハブ機能+観光資源」とは「弱者の戦略」だということに気づく。ドバイには歴史や文化的な資源も少ない。もちろん古くから金取引が行われている市場や、古い時代の文物を保存しているドバイ博物館もあるのだが、正直、感心するほどのものではない。歴史や文化的資源であれば、日本国内にもっとすごいものがいくらでもあるのだから。

マスターカード社のランキングを見ると、われらが東京の外国人訪問客数は世界第9位の1115万人。世界的に見れば赤丸急上昇中であって、2012年には489万人に過ぎなかった。これに合わせて支出額の方も、61.5億ドルから112.8億ドルへと倍増の勢いとなっている。いくら東京が巨大都市でも、この急成長による経済効果は小さくないだろう。

さらにこの調査によれば、2009年から2016年にかけて「世界で最も観光客数が伸びている都市」はなんと大阪である。最近よく聞く大阪発の情報を思い合わせると、「いかにも」と頷けるデータである。

あわせて読みたい

「ドバイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

  2. 2

    佳子さま 眞子さま騒動にため息

    NEWSポストセブン

  3. 3

    これセクハラ? 悩める上司に指摘

    赤木智弘

  4. 4

    イッテQ疑惑を断じた朝日に疑問

    和田政宗

  5. 5

    夢だけ追うと不幸に 退屈も人生

    文春オンライン

  6. 6

    日露の歴史を知らぬ政治家に驚き

    鈴木宗男

  7. 7

    国立大卒を批判? 麻生大臣に苦言

    大串博志

  8. 8

    元日テレ社員 イッテQの裏を解説

    AbemaTIMES

  9. 9

    夫が結婚詐欺か 水野真紀に注目

    女性自身

  10. 10

    RIZAP赤字70億円 客離れは必至

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。