記事

シンガポール的お花見にみるインバウンド対策

シンガポール観光の目玉の一つ、巨大植物園Gardens by the Bay。

この5年ほど毎月仕事で通っているのでだいたい何曜日のどのくらの時間帯だとどのくらいの人がいるのか感覚的にわかるのですが、本日の午後行ってみたら普段の倍ほどの大混雑。何が起きたのかとスタッフに聞いたところ「いま、日本の桜まつりやってるからよ。フラワードーム(巨大ドーム型冷蔵庫)のぞいてみたら?」と言われました。

この人ごみは、何とシンガポールのお花見客(平日昼間なので客層の大半は外国人観光客でしたが)だったのです。

もちろん行きませんでしたが、ウェッブサイトを見て大爆笑。

画像を見る

うーん。日本というより韓国の民家に見えます。

画像を見る

こちらはただのイメージ写真だと思うのですが、あり得ない高さの鳥居とか、女性が浴衣に足袋はいてたりとか、桃と桜が一緒に咲いてたりとか、違和感満載。

しかしある意味、これが外国人が求める日本像であり、初めて訪れる外国人が日本に対してこういうイメージを持っているという事実を踏まえた上で、インバウンド向けの商品開発やマーケティングを行うほうが成功する確率が高いのではないかと感じました。

シンガポールのお花見。ぱっと見はどこかずれた日本の再現でしかありませんが、このイメージをもって日本を訪れる外国人観光客に「正しい日本」を押し付けるのではなく、「これまでもっていたイメージの上を行く日本」を経験してもらうことが大切なのかもしれません。

あわせて読みたい

「外国人観光客」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。