記事

金正恩「電撃訪中」裏事情(下)「4カ国協議」から外される安倍政権の「焦燥」 - 平井久志

1/2

[ブログで画像を見る]

 中朝首脳会談で習近平中国共産党総書記(中国国家主席)は、中国共産党と中国は中朝友好関係を非常に重要視しているとした上で、(1)新たな情勢下での習総書記と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の相互訪問を含め、特使の相互派遣、書簡のやりとりなど日常的な連絡を保持し、上層部交流を行う(2)戦略面の意思疎通という伝統的方法の十分な活用(3)地域の平和・安定・発展の積極的促進(4)両国民の交流・往来を強化し、中朝友好の民意の基礎を固める――の4方針を示した。

習総書記の訪朝時期は?

 金正恩政権がスタートしたのは2011年12月。それから6年余で、金党委員長はようやく中国の地を踏んだ。一方、習近平総書記は2014年7月に韓国を訪問したが、北朝鮮は訪問していない。最高首脳同士の相互訪問は、中朝関係正常化の根幹だ。

 金党委員長の訪中が実現したことで、次は習総書記の訪朝がいつになるかが焦点になる。北朝鮮側の発表では、「金正恩委員長は、党と政府の名義で習近平主席が便利な時期に朝鮮を公式訪問することを招請し、招請は快く受諾された」としたが、中国側発表では習総書記の訪朝に関する言及はない。

 香港の「中国人権民主化運動情報センター」は3月29日、ホームページで消息筋を引用しながら、習総書記が7月26日に訪朝する予定だ、と伝えた。

 7月27日は朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定が締結された日であり、北朝鮮では「祖国解放戦争勝利の日」である。中国は朝鮮戦争に人民義勇軍を送って参戦したため、中朝関係は「血盟関係」とされる。今年の7月27日は、その65周年という区切りの年である。北朝鮮としては、習総書記を呼ぶのに好都合な日ではあるが、逆に中国が「対米勝利」の日に「中朝」の団結を誇示するような訪朝を望むかどうか、である。5月までに行われる米朝首脳会談が成功しているかどうか、この時点での米中関係がどうなっているかで大きく左右されるだろう。

 習総書記が訪朝する機会としては、客観的に見ると今年9月9日の建国70周年の記念行事出席が無難ではないかと思われる。しかし、これも北朝鮮の核問題が前向きな進展を見せていることが前提になるだろう。米朝首脳会談が事実上決裂し、北朝鮮が再び軍事挑発をしているような状況では習総書記は訪朝できないだろう。

中朝外相がさっそく協議

 習近平総書記が指摘した「戦略的意思疎通」の強化も重要だ。北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は今回の金正恩党委員長の訪中に同行し、3月26日の首脳会談にも同席した。李容浩外相は一度帰国した後、4月3日に再び訪中し、同日北京で王毅国務委員兼外相と中朝外相会談を行った。王毅氏も中朝首脳会談に同席していた。

 李容浩外相は、アゼルバイジャンの首都バクーで4月5~6日に開かれる非同盟諸国会議の閣僚級会議に出席する予定。バクーに向かう経由地の北京で外相会談を行うことで、中朝首脳会談で確認された「戦略的意思疎通」をさっそく実践したことになる。

 王毅外相は、「現在の状況で、中朝の伝統の友誼を維持し、発展させることは両国とこの地域にとって極めて重要だ。両国外交部門では各クラスの交流を強化し、両国最高指導者の北京会談の成果を早く実践に移さなければならない」と発言した。さらに北朝鮮が非核化への意欲を示したことを評価し、「中国は朝鮮半島の非核化実現と平和のメカニズムの確立に向け、積極的に努力する」と強調した。

 李容浩外相は会談で、「朝鮮半島の問題を巡り、中国と密接で戦略的な意思疎通を保つ」と述べ、米朝首脳会談を前に、中朝の呼吸の合った姿勢を誇示した。首脳会談前の冷たい中朝関係では考えられない姿だった。

 積極外交を展開する李容浩外相はバクーで非同盟諸国会議の閣僚級会議に出席し、もう1カ国を訪問し、9~11日にロシアを訪れ、10日にロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と会談する予定だ。

1瓶2000万円超の「茅台酒」

 中国は、金正恩党委員長が帰国した段階の3月28日、金党委員長の3泊4日の非公式訪中を明らかにするとともに、その映像も公開した。中国の『CCTV』は約30分のニュース時間のうち約14分間を費やして、トップで金党委員長の訪中を報じた。異例の手厚い報道である。

 北朝鮮も3月28日午前8時半(日本時間)に活字メディアが訪中を報じ、同29日には約40分の映像を公開した。中朝ともに、中国が金党委員長をいかに手厚く歓迎したかを強調するような内容だった。

 米政府系の『自由アジア放送(RFA)』は、中国側が金党委員長のために開いた3月26日の夕食会に出された「茅台酒」が、中国のネット上で話題になっていると報じた。この茅台酒は「矮嘴醤瓶」ブランドの最高級品で、ネットオークションでは、1瓶128万人民元(約2200万円)の値がつくほどの貴重なものだという。正価はそれほど高くはないと見られるが、中国市民からは税金の無駄使いだ、という声も上がっているという。

 また過去の中朝首脳会談との違いとして、北朝鮮の最高指導者の会談の相手が、習近平総書記だけだったことが挙げられる。金正日(キム・ジョンイル)総書記の場合、中国の党総書記との会談に加え、経済政策に責任を持つナンバー2の首相との会談を持った。

 しかし金党委員長は、習総書記とだけ会談し、李克強首相との会談はなかった。李克強首相は金党委員長を歓迎する夕食会には参加したが、金党委員長と会話した形跡はない。これは中国の第19期執行部が明らかに「習近平1強体制」になり、これまでのような「双頭体制」ではないことを反映したと言えそうだ。

ともに「血盟関係」「唇歯関係」強調

 朝鮮労働党機関紙『労働新聞』は3月30日付1面トップで、「朝中親善の新たな章を開いた歴史的訪問」と題した社説を掲載し、金正恩党委員長の訪中は「朝中親善の長い伝統を輝かせ、朝中両国関係を代を継いで立派に継承し、発展させる上で巨大な意義を持つ歴史的出来事である」と、その意義を強調した。

 社説は、「朝中親善の歴史には、偉大な領袖らが中国の領導者らと結んだ同志的友誼がはっきりと刻まれており、互いに血と生命を捧げて緊密に支持、協力してきた朝中人民の親善の情が熱く脈打っている」と、中朝の血盟関係を強調した。その上で「伝統的な朝中親善の歴史は鴨緑江の流れのように永遠だ」と述べた。

 北朝鮮の『朝鮮中央テレビ』は4月3日夜、「偉大な首領、金日成(キム・イルソン)同志が中国の毛沢東、周恩来、鄧小平同志たちと行われた対外活動」と題された約45分の記録映画を放送した。この記録映画が放送されるのは2013年10月以来約4年半ぶりのことだった。

 一方、中国の党機関紙『人民日報』も3月29日付紙面で「中朝両国は唇と歯のように互いに密接な関係にある」と指摘し、「中朝の伝統的な友好を奮い立たせることが、唯一の正しい選択だ」と訴えた。その上で、今回の会談をきっかけに両国間の交流を強化し、関係を発展させるよう呼びかけた。また中国外務省の陸慷報道官は3月29日、「金委員長の初の訪中と中朝最高指導者の会談は中朝双方が両党・両国関係を非常に重視していることの表れだ。中朝の伝統的親善は双方共通の貴重な財産だ」と強調した。

 中朝関係は過去に「血盟関係」「唇と歯のような切っても切れない関係」などとされてきたが、最近は「特殊な関係」から「普通の関係」への変化が顕著になっていた。今回の中朝首脳会談後の双方の反応は、中朝関係が再び「特殊な関係」へ戻ったかのような論調が目立つ。しかし一方で、双方にある相手方への不信感は依然として根強いものがあり、こうした上からの「伝統的友誼」強調がどこまで長続きするかは見守る必要があろう。ただ現在の朝鮮半島情勢では、北朝鮮は中国の支援を必要としており、中国は自身の役割を内外に誇示したいという事情があることも事実だ。

習主席が「4カ国協議」を提案

『共同通信』は4月1日、複数の米中外交筋の話として、習近平国家主席が3月9日に米国のドナルド・トランプ大統領と電話会談をした際、朝鮮戦争の当事国である韓国、北朝鮮、米国、中国の4カ国による平和協定の締結を含む「新たな安全保障の枠組み」の構築を提案していたことが分かった、と報じた。トランプ大統領は明確な賛否を示さず、北朝鮮への圧力を維持するよう習主席に求めたもようだ、とした。

 この電話会談は、トランプ大統領が米朝首脳会談を受諾したことを受けて行われたものだ。習主席は、米朝首脳会談の開催を北朝鮮核問題の解決に向けた進展と評価する一方、朝鮮半島の非核化には息の長い取り組みが重要であり、中国が仲介役としての役割を果たすべきだ、と強調した。

 これは、すでに関係国が5月までに開かれる米朝首脳会談後の朝鮮半島情勢の協議の枠組みを考え始めていることを示すものだ。

 北朝鮮の核問題をめぐる重要な合意である、6カ国協議での「9.19共同声明」(2005年9月)の第4項は、「(朝鮮戦争の)直接の当事者は、適当なもう1つのフォーラムで、朝鮮半島における恒久的な平和体制について協議する。6者は、北東アジア地域における安全保障面の協力を促進するための方策について探求していくことで合意した」となっている。この「もう1つのフォーラム」は、朝鮮戦争の直接の当事者、すなわち韓国、北朝鮮、米国、中国で構成されると見られた。つまり「9.19共同声明」は、北朝鮮の非核化は「6カ国協議」で進めていくが、その枠内に朝鮮半島の恒久的な平和体制を構築するための4カ国協議を想定している、ということだ。習主席の提案はこの考え方の延長にあると見られる。残念ながらそこでは、日本とロシアは除外されることになる。

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。