記事

この国をどうしたいのか真剣に考える時が来た… - 劇作家・朝倉薫

写真AC

最近、季節の変わり方が強烈過ぎないか?

東京で氷点下になって大騒ぎしていたら、4月になった途端24度!体調がおかしくなって当たり前だね。

「負のスパイラル」に陥る日本を誰も見ないふり

ところで、テレビ界の大御所ビートたけしの事務所独立がワイドショーやスポーツ新聞を賑わせているけど、大物になると大変だね。

総理の発言なら国の命運を左右する大問題だが、少し変だな。と、思っていたら弟子たちがワイワイ言って、これは流行りの炎上企画に違いないと納得した。

ぼくも以前、劇団員たちのために事務所を構えていたが、看板女優ひとりを除いて、来る仕事はほぼエキストラだった。雇ったマネージャーの給料だって看板女優の稼ぎから持ち出しだった。

売れないとマネージャーがロクに仕事を取れないと役者は批判し、マネージャーは役者の力不足を嘆く。そうなると、負のスパイラルに入ってやがては事務所が崩壊する。

あの聡明なビートたけしさんが、それを見越せないわけがない。それより、問題は我が国の運命だ。沈み始めているのがわかっているのに、誰もが見ないふりをしている。

日本の未来を真剣に考える時が来た

自分の無能を認めるのは難しい。まして、東京大学を首席で卒業して財務省の局長から国税庁長官にまで出世した人間が「ごめんなさい。私間違っていました」なんて、国民に謝ることなどプライドが許さない。

この国のかたちが大変貌するかもしれない瀬戸際に芝居など作っているぼくが言えることじゃないのは百も承知の介だが、そろそろ真剣に考えないと哀れな末期になるだろうね。

1948年生まれのジジイの目線から眺めると、これからバタバタ倒れて逝く同胞の後始末は誰がしてくれるのか?ということ。

団塊の世代と呼ばれた700万人が、言い方は悪いがスクラップと化すのだ。中には始末の悪い奴がいて、どうせ死ぬなら道連れが欲しいと、それこそ渋谷のスクランブル交差点でダイナマイトを腰に巻いて自爆するかもしれない。そういえば、新幹線でガソリン撒いて道連れにしたバカがいた。

絵空事じゃないよ。

これだけは言えるが、専守防衛というのは国内の敵に向けてだからね!また、格差是正というのは身分をはっきり分けようということだからね。勘違いしないようにしましょう。

質素倹約に努めるというのは、貧乏人は贅沢するなということ。この国をどうしたいのか、いよいよ真剣に考える時が来たようです。

朝倉薫(あさくら・かおる)
1948年8月2日、熊本生まれ。劇団主宰、劇作家、演出家、音楽プロデューサー。
92年に音楽プロデューサー、雑誌編集から転身を図り劇団を立ち上げる。その後は作家、脚本、演出家として「沈まない船」「桃のプリンセス」「ガラス工場にセレナーデ」などの舞台を手がける。舞台はパイオニアLDC、ポニーキャニオンなどからビデオ化された。元祖アイドル声優だった桜井智は劇団員から育てた。現在も劇団「朝倉薫演劇団」の主宰する。これまでに優木まおみ、吉木りさなど数多くの女優、タレントの演技指導にも当たってきた。

あわせて読みたい

「高齢社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  3. 3

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  4. 4

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  5. 5

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  6. 6

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  7. 7

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  8. 8

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  9. 9

    都知事選 落選者らの敗因を分析

    ヒロ

  10. 10

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。