記事

マクロミルの「2018年ゴールデンウィーク調査」結果やいかに?

プライベートでは週末に下の倅の下宿先アパートに行って日帰りしたり、お仕事では年度末と年度初めのバタバタだったり、の時期を何とか乗り切って、そろそろゴールデンウィークの休暇予定に目が向く余裕ができ始めました。

やや旧聞に属する話題ながら、マクロミルから3月27日に「2018年ゴールデンウィーク調査」の結果が明らかにされています。まず、調査結果の概要につき、マクロミルのサイトから3点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • 2018年のゴールデンウィーク、最大「4連休」が最多の44%、「9連休」は11%。理想と現実には3日間のギャップあり。現実は平均「4.3連休」に対し、理想は平均「7.7連休」

  • 働く男女のゴールデンウィーク、平均予算は32,972円。過ごし方1位は「睡眠」41%、外出予定は「買い物」4割、「日帰り旅行」「泊りの国内旅行」が2割

  • ゴールデンウィークに向け、4割が事前消費「あり」。項目は、「乗車券や、ツアー・施設等のチケット」や「ファッション・身だしなみ」など

なかなか、的確かつ包括的によく取りまとめられている気がします。ゴールデンウィークといえば、年末年始やお盆を含む夏休みなどとともに、1年の中でいくつかある「消費が活発な時期」といえ、エコノミストとしてはお休みだけでなく消費動向とも併せて気にかかるところです。マクロミルのサイトから、いくつかグラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

[画像をブログで見る]

まず、マクロミルのサイトから 2018年ゴールデンウィークの最大連休日数 のグラフを引用すると上の通りです。TOPICSにもあった通り、圧倒的なピークは4日の44.0%となっていますが、その次のピークはそれほど高くないとしても10.5%で9連休というのがあります。4日というのは、単純に考えると、5月3日から6日なんだろうという気がしますが、週休2日で土曜日を休むことが出来て、今年2018年の場合は5月1~2日に休暇が取れれば、4月28日スタートで5月6日までが9連休となります。

ただ、TOPICSで引用した最初の項目にあった通り、理想の休暇日数の7.7連休に対して、現実は4.3連休だそうですから。働き方改革の真っ最中とはいえ、まだまだ理想と現実のギャップは大きいと言えます。

[画像をブログで見る]

次に、マクロミルのサイトから 2018年ゴールデンウィークの過ごし方 上位7位 のグラフを引用すると上の通りです。睡眠と買物がツートップとなっています。それから、グラフには現れませんが、海外旅行は2%だそうです。

実は、私もどちらかといえば睡眠派であり、睡眠に加えるに、7番目のスポーツもアリではないかと考えていますが、まあ、エコノミストの立場からいえば、睡眠は消費の拡大ひいてはGDPの成長には貢献が低いかもしれません。でも、睡眠を除いてほかの6項目は、それぞれに違いは当然あるとしても、消費の伸びを高めてGDPの成長に寄与しそうな気がします。

[画像をブログで見る]

次に、マクロミルのサイトから 2018年ゴールデンウィークに向けた事前消費内容 上位7位 のグラフを引用すると上の通りです。大きく分けて、乗車券やツアー・施設等のチケットとファッション・身だしなみ、となっています。事前消費かどうかは定かではないものの、お金を使う予定がある人について平均予算は32,972円だそうです。大きいと見るか、小さいと見るかは、ビミョーなところかもしれません。

あわせて読みたい

「ゴールデンウィーク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    共産党が即位の礼に反対する理由

    畠山和也

  3. 3

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  4. 4

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  5. 5

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  9. 9

    患者の希望つけこむトンデモ医療

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。