記事

米2月製造業受注1.2%増、広範な項目好調

[ワシントン 4日 ロイター] - 米商務省が4日発表した2月の製造業受注は前月比1.2%増と、1月の落ち込みから持ち直した。輸送機器を始め、広範囲にわたるモノの受注が増えた。製造業が底堅さを増していることを示唆した。市場予想は1.7%増だった。

1月の数字は当初発表の1.4%減から1.3%減へ上方改定された。

2月の前年同月比は7.9%増だった。

前月比の内訳は、輸送機器が7.0%増。中でも月々の変動が激しい民間航空機が26.2%急増した。

機械は1.2%増。1月は0.2%減少していた。機械のうち鉱業と油田・ガス田用機械は2月に1.8%増となった。

自動車は1.5%増。電機・家電は3.4%増。電算機は3.5%増だった。

米経済の約12%を占める製造業は国内外の底堅い需要に下支えされている。ただ熟練労働者不足や生産能力の限度が製造業生産の抑制要因となる可能性がある。

2日に発表された3月の製造業景気指数は前月から低下した。労働力不足やサプライチェーンをめぐる懸念の高まりを反映した。製造業者らはまた、3月上旬にトランプ米大統領が導入した鉄鋼やルミニウムの輸入関税で価格が上がったと指摘した。「パニック買いを引き起こしている」「結果として非契約の顧客は在庫不足になっている」との声があった。トランプ大統領は他国の不当な競争から国内産業を守ると述べ、鉄鋼の輸入品に25%、アルミに10%の関税を課した。

民間設備投資の先行指標となる資本財から国防関連と航空機を除くコア資本財は1.4%増。先月発表の速報値の1.8%増から下方改定された。1月は0.3%減少していた。

国内総生産(GDP)で機器の設備投資の計算に使われるコア資本財の出荷は2月に前月比1.4%増。速報値から変わらなかった。1月は横ばいだった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  6. 6

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  7. 7

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  8. 8

    "ラ王世代"にはない価値観「これ絶対うまいやつ!」というラーメンが若者に大人気なワケ

    PRESIDENT Online

    08月05日 14:29

  9. 9

    東京都で新たに5042人の感染確認 初の5000人超え 2日続けて過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    08月05日 17:09

  10. 10

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。