記事

日産の小型商用車事業戦略の狙い

 やや旧聞に値しますが、2月26日、日産は小型商用車(LCV)事業の取り組みに関するラウンドテーブルを横浜のグローバル本社で行いました。

画像を見る
※アライアンスSVPのアシュワニ・グプタさん

ラウンドテーブルの冒頭、ルノー・日産自動車・三菱自動車アライアンスSVPで、LCV事業部門を統括するアシュワニ・グプタさんは、次のように語りました。
「(世界の)LCV市場の現状を見ると、トータルで約1650万台です。つまり、5台のうち1台が小型商用車であるということです。これは、マーケットにおいて世界的に需要が高いということ、また、日産においての重要性も示しています」

ルノー・日産・三菱アライアンスは、昨年9月に中期経営計画「アライアンス2022」を発表しました。計画終了時の年間販売台数は1400万台以上になるとした、あの計画ですよね。

「LCV事業部門」は、昨年4月に新設されました。その役割は、統合したビジネスユニットのもと、ルノーの商用バンの専門知識や、日産のトラックの生産・販売ノウハウ、さらに三菱自動車の潜在能力を引き出して、グローバルのLCV市場におけるリーダーシップを拡大することです。

日産は、22年に向けて、LCV事業について3つの目標を打ち出しました。1つ目は、販売台数を16年度対比でプラス40%の120万台に引き上げること。2つ目は、営業利益率8%以上を稼ぎ出すこと。そして3つ目は、“フレーム車”と呼ばれる領域において、リーディングプレーヤーになることです。

日産の小型商用車のラインナップは、「ナバラ」、「タイタン」といったピックアップトラック、「NV200タクシー」や「NV350キャラバン」のようなバン、「NT400キャブスター」のようなライトデューティートラック(LDT)とマイクロバス「シビリアン」などで構成されています。

これらに加え、ピックアップトラック「ナバラ」のプラットフォームを活用したSUVを、“フレームSUV”として、アライアンス各社で共用する。これによって、強力なシナジーを生み出すねらいがあるんですね。

とくに日産は伝統的にフレーム車が強い。LCVに占めるフレーム車の販売比率を、現状の5割から3分の2まで高める考えです。

日産は、今春から、中国をはじめアジアで新型のフレームSUV「テラ」を投入し、拡販を図っていく方針です。また、自動運転技術や電動化、コネクティッドサービスなどをLCVにも展開し、ブランド力を強化します。

「アライアンス2022」の達成には、各ブランドの差別化とアライアンス効果の活用が必須なのは間違いありません。LCVでも、それは同じです。 日産は、2022年にLCV120万台を達成し、アライアンス1400万台達成の一助となることができるでしょうか。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  3. 3

    ディズニー訪問で感じた劣悪環境

    吉田喜貴

  4. 4

    ゴーン氏逮捕が示す権力腐敗の常

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  6. 6

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  7. 7

    いじめ自殺 校長の一言に父怒り

    渋井哲也

  8. 8

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  9. 9

    長与さん 暴行受けるも正義貫く

    AbemaTIMES

  10. 10

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。