記事
  • ヒロ

打倒アマゾン、なるか?

出版業界にはアマゾン恐怖症グループとアマゾン寄生グループがあるように見えます。この業界は今世紀に入り売り上げは3分の2、書店数も3分の2と激減しているにもかかわらず、アマゾンの書籍販売部門のシェアは2桁を確保し、更に伸びているとされています。3400社余りある日本の出版社はアマゾンと直取引すればするほど自社に益するものは多いでしょう。

一方、出版業界の特殊性に「取次(とりつぎ)」という仕組みがあります。日販とトーハン(92年までは「東販」で私はどうしても漢字の名前がいまだに出てしまいます。)がほぼ牛耳っており、あのセブンの育ての親、鈴木敏文氏はトーハン出身で今でも同社の役員であります。その取次は書店と出版社の潤滑油的な意味合いで問屋のようなものですが、もっと複雑化しており、書店は「お宅は日販、トーハン?」という世界であります。もちろん、彼らからすればアマゾンはやりにくい相手でしょう。

それより書店はもっと影響をうけます。ジュンク堂に行って立ち読みしてよさげな本をアマゾンでポチッでは書店はサテライト ショップに成り下がります。

こんな話は書店に限らず、あらゆる業界に影響を与えます。重いものはアマゾンで、いつも買っているあのアイテムもアマゾンで、ポイントゲットもアマゾンで、となれば完全に「アマゾネスの虜」とも言えそうです。

もちろん困るのは小売店だけではありません。小売が売れなくてショッピングモールは不振となり、不動産業界はこれで苦しくなり、そこが風邪を引けば肺炎になるのが多くの雇用を確保する建設業界、そうなると「職にあぶれる」ことになります。アマゾンをポチポチすればするほどあなたの仕事が減り、ジェフベゾス氏がにんまりするというはアマゾン型「風が吹けば桶屋が儲かる」の図式であります。

もちろん私もアマゾンは利用します。重くて持てないようなもの、どこで売っているかわからないものは確かに便利です。カナダで住んでいるコンドミニアムにはコンシェルジュが24時間いますので家に帰ると「荷物を預かっています」といって渡してくれるので本当に便利であります。

一方、以前にも申し上げましたが、あえて古い言い方をすれば「アマゾンのネットサーフィンする」ことはもう1年以上していない気がします。何故ならばショッピングとしての面白みに欠けるのでいわゆる「わくわく感」が出てこないのです。

実は私はスポーツ自転車を買ったところなのですが、大いに悩み、暇さえあれば自転車屋に行き、あれやこれやと品定めして自分が満足する諸条件の絞り込みをしてきました。見ながらフレームはどうする、パーツはどうする、価格帯は、この自転車をどういう目的で使う、などを自問自答し、店員と一言二言交わしながら遂に最終決定を下し、ようやく買ったところであります。これはアマゾンの画面ではできない触って店員と喋って一晩寝て、更に別の店に行き、ということを通じて買う楽しみを自分で盛り上げているのであります。ポチッでは何の盛り上がりもありません。

私は日本にいるときは商店街を歩くのが好きです。自転車で繁華街の裏側を見に行くのも好きです。夕方の路地裏で開店準備をする飲み屋街には独特の緊張感と活気を感じます。これは人が仕事をしていることの何物でもありません。そして、客は店の人と対峙し、会話し、その中で心地よい買い物をします。今の方はあまりピンと来ないかもしれませんが、昔は店主と客は雑談を通してビジネスをしていたようなものです。この客の好みは何か、次は何を仕入れればよいか、というのはそういう会話を通じて情報をゲットしていたのです。それはたぶん、アナログレコードのようなぬくもりであり、ネットで流れる機械的な音とは全く違うのであります。

トランプ大統領が「アマゾンに課税を」といったことで同社の株価が下落しました。トランプ大統領が個別企業名を挙げてコメントするのは当然ながら陳情なりのボイスが大統領のところに届いていたからでありましょう。世の中には独占禁止法というのがあります。ガリバーがすべてのビジネスの市場を占拠すれば損をするのは全ての人だという発想が根底にあります。安ければいい、便利であればいい、というカット アンド ペーストのようなライフではなく、「面白いもの、見つけた!」にきっと陽が再び当たる時が来ると信じています。

何の感情も抱かないあのアマゾンの段ボールが運送会社からボンと届くより丁寧な包装と店員の暖かい笑顔は嬉しいものです。世の中、一方通行には走らない、と思いたいですね。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  2. 2

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    BTS炎上 思想なき浅はかさが原因

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏 靖国より陸軍墓地を見よ

    橋下徹

  6. 6

    山尾志桜里氏の改憲案はズレズレ

    猪野 亨

  7. 7

    BTS謝罪 自民議員「今後に注視」

    和田政宗

  8. 8

    ソフバン上場 東証悩ます危うさ

    山口利昭

  9. 9

    マツコ 可愛くない子には真実を

    キャリコネニュース

  10. 10

    イタリア、極右勝利すればEU離脱

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。