記事

八角理事長が頭を悩ます「一兵卒・貴乃花」の取り扱い

3選が決まった八角理事長(共同通信社)
【3選が決まった八角理事長(共同通信社)】

 追い詰められた貴乃花親方は抵抗を諦めてあっさり土俵を割った。渾身の力で“ダメ押し”をしようとしていた日本相撲協会執行部は、突き出そうとしていた両手をどこに向ければいいか分からなくなった。

「新体制で貴乃花親方に割り当てられる職務が『審判部』と決まったのは3月28日で、翌日に『年寄』への2階級降格処分も下されたが、直前まで執行部は揺れていた。ここで処遇を間違うと、3期目となる八角理事長(元横綱・北勝海)体制が船出早々に傾く可能性があったのです」(協会関係者)

 3月26日に八角理事長が無投票で3選を果たし、新体制が発足。一方、元日馬富士による暴行事件への協会の対応を巡って、春場所直前に内閣府へ告発状を提出していた貴乃花親方は窮地に追い込まれていた。春場所中に弟子の十両力士・貴公俊(たかよしとし)が起こした付け人への暴行事件をきっかけに、一気に守勢に転じざるを得なくなっていたのだ。

 貴公俊へは同29日に1場所出場停止の処分が下されたが、「場合によっては引退勧告もあり得る状況で、親方は弟子を守るために“白旗”を上げざるを得なかった」(後援会関係者)のである。

 処分発表前日となる28日、貴乃花親方は「臨時年寄総会」に出席するため、春場所が開かれていたエディオンアリーナ大阪に姿を見せた。総会後、貴乃花親方は100人を超える報道陣を前に“平謝り”する事態となった。

「(年寄総会では)これまでの私の行動によって協会にご迷惑をおかけしたことをお詫びしました。深く反省しております」

 そう反省の弁を述べた上で、内閣府への告発状を取り下げたことを認めた。昨年11月に元日馬富士による暴行事件が発覚して以降、協会と真っ向対立を続けてきた貴乃花親方が、「一兵卒として出直す」と“完全降伏”したわけだ。

 ただ、これにより難しくなったのが貴乃花親方の「処遇」だった。告発状提出直後には、春場所会場に姿を見せない“欠勤”を理由に、事実上の解雇にあたる「契約解除」を通告すべきという声まであがっていた。

◆“全面降伏”がもたらしたもの

「とりわけ強硬だったのは二所ノ関一門でした。貴乃花親方は2010年理事選の際の“候補者調整”に反発し、二所ノ関一門を割って理事に当選した経緯がある。二所ノ関一門の親方衆にとっては仇敵を角界から追放する好機に映ったはずです」(ベテラン記者)

 実際、年寄総会後に会見した年寄会副会長の中で、二所ノ関一門の高田川親方(元関脇・安芸乃島)は貴乃花親方の処分について、「一門内では契約解除にあたるような違反を6個も7個もしているので契約解除が妥当という声もあった」と“貴乃花解雇”の意見の存在を認めている。

 ただ、八角理事長ら執行部としては、貴乃花親方が“全面降伏”した状況では、解雇するわけにはいかない。

「世間の受け止め方は、“貴乃花親方の行動もおかしいが、協会の暴力隠蔽体質も改まっていない”というのが相場。貴乃花親方だけ厳しく罰して、執行部は安泰では、世間の支持が貴乃花親方に集まりかねない。貴乃花親方の力を削ぎながら、外部からは報復と受け取られないような処遇にする“工夫”が必要だった」(前出の協会関係者)

 そうした意向を踏まえてか、厳しい処分を求める声が続出するとみられていた年寄総会でも、貴乃花親方の謝罪を受け入れる空気が支配的となり、“反貴派”の急先鋒とみられた高田川親方も、最終的には「処分は理事会に一任する」と折れた。

 現役引退して間もない親方ばかりの「年寄」への2階級降格は、決して軽い処分ではない。年明けは理事だった貴乃花親方は、3か月足らずで5つも階級が下がったことになる。ただ、弟子への引退勧告も、自身の契約解除も避けられた。

 そして、職務を「審判部」に配すという“辞令”が出た。

※週刊ポスト2018年4月13日号

あわせて読みたい

「日本相撲協会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。