記事

ソーシャルメディア史上に残る歴代炎上事件ワースト10

1/2
新年早々、”ステマ”がバズワード?になりつつある日本のネット業界ですが、日本でもそろそろ本格化していきそうなソーシャルメディアマーケティング。今回はインターネットの歴史にその名を残す、世界的な企業がらみの大炎上事件を10ピックアップして紹介します。ソーシャルメディアマーケティングにある種のリスクは常につきものではありますが、過去の失敗に学んで同じ過ちを繰り返さないようにしたい。 — SEO Japan
これはトップ10リストでもカウントダウンでもない。ソーシャルメディアPRの悪夢ほどに有害なものを格付けしようとすることはできないのだ。なぜなら、それぞれの大失敗が他と同じくらいに相当ひどい有様で、どちらにしてもそのダメージは、経営側がイメージを是正するためのキャンペーンを思いつくまで続くだからだ。

インターネットに関して1つ言うと、悪いFacebook写真に似ている。遅かれ早かれ、あなたのインターネットアクティビティがあなたを悩ませに戻ってくるだろう。だから、このリストを単なるカウントダウンと思わないことだ。これをビジネスでしてはいけないことのチェックリストとして考えるのだ。

1. タコベルとネズミ-2007年2月


画像を見る

従業員の間のちょっとした笑いとして始まったことが、ニューヨーク中のタコベルとKFCの閉鎖と、今となってはタコスに何が入っていたのか疑問に感じている民衆の激しい怒りを引き起こした。それは、グリニッジ・ヴィレッジが発端だった。匿名の内部情報を得たテレビクルーは、タコベル&KFCのフランチャイズ店に到着し、カメラを準備した。

彼らが何を撮ろうとしていたのかって?タコスに並ぶ列?その月の優秀社員に関する特集?タコベルにとっては残念なことに、それらのどれでもないのだ。この特別なライブ映像のゲストは、人間でも従業員でもなかった。少なくとも給料をもらっている従業員ではない。1匹のネズミでさえも最悪だろうに、それは単に間違って迷い込んだ1匹のネズミではなかった。その日、テレビクルーはレストランのフロア中をちょこちょこと走り、人が座って食べるテーブルの上を登り、もっと最悪なことに食事が準備される調理場にいる大量のネズミの映像をとらえたのだ。

そして、それは生放送された。

そこら中のタコベルとKFCが、多くの衛生規範に違反していて、KFCとタコベルを所有する親会社のYum Brandsはそれらのレストランを清潔にしなければ永久に閉鎖するように命令を受けた。これが、2006年に何人かが病気になった大腸菌のスキャンダルに追い打ちをかけた。Yum Brandsの株価は暴落し、あれから数年が経った今でもタコベルはまだ回復途中にある。

2. Whole Foodsのブログ-2007年7月


Whole Foodsは、オーガニックおよび自然食品業界の一種のSafewayとして全米中に知られている。彼らは、環境保護運動をサポートしたり、客にリサイクルバックやエコバックを提供したり、健康的な生活のサポーターとして自分達を宣伝することに喜んで取り組んできた。しかし、他の主要な食品会社やプロバイダーと同じように、健康的生活と有機農業の分野にも競争相手はいる。そのため、この会社のチーフは、消費者活動と生産性を上げるために素晴らしいアイディアを思いついた:“rahodeb”という名のインターネットアイデンティティを装い、フォーラムをうろつき、自分の主な競合相手の掲示板を見て、彼らの製品の悪い(つまり、嘘の)レビューを投稿したのだ。

あなたがまだ両親と一緒に住んでいる野心のない子どもで、自分のEbayオークションであなたに勝ち続けている男を攻撃しても失うものが何もない時にはそれは素晴らしい考えだろう。しかし、あなたが数百万ドルの企業のCEOである時、それは素晴らしいことではなく、連邦取引委員会に告訴されることなのだ。

Mackeyは、この“rahodeb”作戦を1999年ごろからやっていたことが判明した。食品ブログやいくつかの企業の評価にしばしば登場しており、政府はその過程で眉をひそめていた。なぜなら、“rahodeb”はたくさんの悪口を言うが、Whole Foodsについては一言も触れていなかったからだ。“rahodeb”がWhole Foodsによる競合相手Wild Oatsの買収についてベールに包まれた予測をして、それが1カ月後に本当に実現した時に疑いの目が向けられた。Mackayは2009年にチェアマンを辞任した。

だからもしあなたが、オーガニックや健康的生活のために適切なものを探そうとしてレビュー掲示板をうろついていて、“rahodeb”という名前を見かけたなら、健康的生活には明確な意識と純粋なビジネス倫理が必要とされるということを自覚することだ。

3. Belkinの“ポジティブな”レビュー-2009年1月


Alan Parsaは、シカゴにあるコロンビア大学でドキュメンタリー映画製作の勉強をしていた。いまどきの普通の大学生と同じように、彼にはもう少しお小遣いが必要だった。彼は、手っ取り早く数ドルを手にするためにAmazon.comのMechanical Turkに出向いた。出来そうな仕事へのリンクをクリックした彼は驚いた:Belkinの製品に5/5のポジティブなレビューを書けば、お金がもらえるという広告があったのだ。これをしてお金をもらうのは正しいことではないかもしれないと警鐘を鳴らす彼の内なるホイッスルによって、Parsaは自尊心のあるインターネット人間なら誰でもすることをした:そう、そのことをブログに書いたのだ。

たったの数時間で、その話はインターネット中に広まった。Belkinは、個人的なコメントに応じるのがとても遅かった。それが、Belkinにとっては、嫌悪のワゴンが勢いを増す時間を十分に与えることになった。Belkinの社長、Mike Reynosoが謝罪を投稿した時には、ダメージはかなり酷い所まで進んでいて、すでにニューヨーク・タイムズがこの話しをつかんでいた。人々はすぐにBelkinの製品をボイコットした。インターネット機器を生産する市場に携わっている時、あなたが最も怒らせたくない相手はブロガーではないだろうか?

4. ドミノの堕落-2009年4月


画像を見る

自分には仕事がある。私達はみなそのことを考える。カウンター越しの嫌な客に出すバーガーに唾を吐くこと。単なるいたずらで通常のコーラではなくダイエットコーラを入れること。もしあなたがファーストフードの仕事をしていて、ついてない日を過ごしていたら、通常はクビになるようないたずらをすることを考えたことがあるだろう。でも、あなたは、実際に行動に起こすようなバカは絶対にしない。たとえもししたとしても、それを映像に撮ってYouTubeに載せるほどあなたはバカではない。

ノースカロライナにあるドミノピザで働くKristy Lynn Hammonds (31) とMichael Anthony Setzer (32) は、明らかにその覚書を手にしていなかった。ある夜遅く、恐らく彼らは正気じゃなかったのだろう。大胆な2人は自分達が調理場に手を突っ込んでいるところ、鼻にチーズを入れているところ、自分達のお尻で肉を振っているところ、そして、店の裏にある材料を使って子どもじみた数々のバカな行動をしている自分達をテープに収めたのだ。数日で100万人を超える視聴者を獲得したいたずらビデオは、ドミノピザの酷い管理とビジネス倫理の噂を広める結果となった。もちろん、このドミノの社員は解雇され、重罪が科せられた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。