記事

岡村隆史 最終回で明かした本音「めちゃイケは苦しかった」

image

1996年に開始した長寿バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)が、3月31日に最終回を迎えた。番組の終盤では、レギュラーを務めるナインティナインの岡村隆史(47)がメンバーの前で番組への思いを語った。

岡村は「フジテレビにめちゃイケ(の収録)で向かうとき、ワクワクするという気持ちで(お台場の)レインボーブリッジを渡ったことは、実は一度もありません。しんどかったり、苦しかったり、痛かったり、悲しかったり、悔しかったり……。キュッと心が苦しくなる、そんな気持ちで22年間渡ってまいりました」と吐露した。

番組の顔とも言える存在であり、数々の“過激な”企画にも挑んできた岡村。「みなさんも悔しい気持ちや我慢があったと思いますが、岡村隆史という神輿を担いでいただいて。本当にありがとうございました」と、メンバーへの感謝を口にした。

2010年に体調不調で4カ月休養したことにも言及。休養中は「めちゃイケにもテレビにも戻ってこられないかもしれない」と考えていたという。普段は見せることのない涙で言葉を詰まらせながらも、「めちゃイケは、僕の青春でした」とスピーチを締めくくった。

Twitterでは《岡村さんの涙はほんとにもう…すっごく真面目で誠実な人なんだね…》《めちゃイケが好きだった人達は岡村さんの感情を一番見たかったんじゃないかと。岡村さんの「青さ」が好きだったんだと最後に知れて本当によかった》と、岡村のスピーチへの反応が続出。

番組収録が苦しかったという本音には、《それを20年以上続けてきたんだよ どれだけ愛していたかと思うんだ》と、岡村に敬意を表す声も。

“青春”という言葉にも反響が。《私にとっての青春でもあり、お笑い好きになるきっかけの番組》《土曜日にめちゃイケをみて 翌週の月曜日にめちゃイケの話をして 友達とゲームを真似してやってみたり 本当に青春でした》と、自身の“青春”と重ねる声が上がっている。

あわせて読みたい

「めちゃイケ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    小池知事が都民ファ切る可能性も

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。