記事

迷惑メール業者にあえて接触 その古典的な手口と狙いとは


【有名人からではと錯覚させる迷惑メール】

 無差別に大量にバラかまかれる迷惑メールは、その存在が有名になりすぎたこともあって、騙される人も少なくなってきた。とはいえ、未だに有名人であるかのように装った迷惑メールがやってくることがある。ライターの森鷹久氏が、最新の迷惑メールに返信し、迷惑メール業者との接触にチャレンジした。

* * *
「この前はごめんネ! 洋介さんや菜々緒がいたからあまり多くは話せなかったけど、次のドラマの打ち合わせも兼ねて、一緒にメシでもどうかな? 2018.1.15 拓哉」

 筆者のスマホに、今時珍しく「ショートメール」で送られてきたメッセージ。勘の鋭い読者であれば、これが迷惑メールであり、かつ、ある人物になりすまして送られている、ということにすぐ気がつくはずだ。上記のメールは以下のような「設定」で送られていると類推できる。カッコ内は筆者の注釈だ。

「この前はごめんね!(放映中のドラマ共演者である江口)洋介さんや(同じく共演者であるモデルの)菜々緒がいたからあまり多くは話せなかったけど、次のドラマの打ち合わせも兼ねて、一緒にメシでもどう? 2018.1.15(元SMAPの木村)拓哉」

 ズバリのフルネームで書かないところがミソであり、メール受信者に「もしかしてキムタクのメール誤送信?」なんて勘違いさせることを目的とした、見紛うことなき、そして超低レベルの純然たる「迷惑メール」だ。ちなみに2018年1月15日は、テレビ朝日系のドラマ「BG~身辺警護人~」の制作発表会見が行われた日であり、同ドラマには江口洋介、菜々緒といったキャストが出演し、主演は元SMAPの木村拓哉だ。

 まさに「キムタク」からのメールを装ったものに違いないが、きょうびこんな迷惑メールに返信をする人がいるのか、甚だ疑問ではある。また、誰がどんな目的で送っているのか……。男性である筆者だが、この「自称キムタク」からのメールに女性を装い、返信をしてみた。以下、やりとりの概要だ。

──あれ? 人違いじゃないですか? ていうかどなたですか?
「忘れちゃったかな? 拓哉です。打ち合わせで連絡先交換したよね?」
──どちらの拓哉さんですか? もしかして木村さん?
「本当に忘れちゃったのかな(笑)。メシでもどうかな?」
──えー、キムタクさんですか(ハート)。超やばい、ウケる
「あれ、本当に違ったのかな? でも面白そうな子だね」
──キムタクさん、私とご飯行ってくれるの? 大ファンなんです
「何かの運命かもね? ご飯行きたいね」

 ……とまあ、バカバカしすぎるやりとりが延々と繰り返されるだけだったが、やはりというか、当然この自称キムタクは、最後に女性になりすました筆者を、とあるサイトに誘導するのである。

「この携帯、マネージャーに見られているんだよね……」
──え? 奥さんにもバレるんじゃ? やばい?
「そうだね……。だからこのサイト(URL)にいる“takuya1113”にメールしてくれない」
──このサイトに登録をすればいいの?
「そうだね! このサイトなら、誰にも見られることなくメールのやりとりができるよ!」
──キャー! 本当に? 今すぐ登録するネ(ハート)

 もうお気づきかもしれないが、このなりすましメールは、メール受信者をとある「出会い系サイト」に誘導するために送られてきたものなのだ。自称キムタクとのやりとりを続けたければ、出会い系サイトの会員になり、送受信1通あたり、それぞれ100円以上も支払わなければならない……のである。ちなみに「takuya1113」というハンドルネームの数字は、木村拓哉の誕生日である「11月13日」を意識しているのか。今すぐ登録する、と言ったきり15分が経過すると、自称キムタクから、ドカドカとショートメッセージが届き始めた。

「まだ登録してくれてないかな?」
「いつまでも待っているよ?」
「嫌われちゃったかな?」
「解散してからの悩みを聞いてほしい」
「返信して」
「おいこら、なめてんのか」
「あskjdhqjうぇdkq」
「クソババア
「ボケ」
「wdhq。kじぇhf13いhf;1ぃf」

 というわけで、一向に出会い系サイトに登録をしない自称女性の筆者には、最終的には嫌がらせのメールが届くようになった。何処までもレベルの低い「迷惑メール業者」であることが、いとも簡単に判明した格好だが、かつて迷惑メール業者に勤めた経験のあるY氏(三十代男性)が次のように打ち明ける。

「ほぼ10年前、ジャニーズタレントなどになりすまして女性を狙うという迷惑メールが流行しました。タレントのテレビ出演やコンサートスケジュールなどを表にまとめて“明日はライブ”だとか”今日の番組に出る”とか、そのタレントである事を匂わせてメールを送るんです。くだらないですが、結構騙される人が多くて儲かった(笑)。騙された人たちのリストはその後転売され、架空請求詐欺にも使われました。」

 一方で、今なおこの手法の迷惑メールが送られてきている事実に、首をかしげる。

「そもそも出会い系サイトなんて流行らないし、引っかかる人も少ないはず。だとすると、いちいちこんな面倒な事をしている業者は、相当な時代遅れか、お年寄りの詐欺グループ残党か……」

 Y氏によれば、最新のAI技術を使った「成りすまし詐欺」の計画も進められている噂があるという。いつの時代も「日進月歩」(Y氏)という詐欺テクノロジー業界にあって、自称キムタクの哀れさ、救い難さを垣間見て、ゲンナリしたというか時間を無駄にしたというか……。

 最近だと「ライン乗っ取り」犯から届いた詐欺メッセージに会えて応じて、そのやりとりをスクショにとって遊ぶ中高生だっている。ネット利用者が増え、国民の過半数以上が携帯やスマホを持っているのだから、自ずとリテラシーだって向上するはず。そんなことも知らずに、いつの時代も、取り残されるグループはいるものだ。

あわせて読みたい

「迷惑メール」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    音喜多氏の入党で一皮剥けた維新

    早川忠孝

  3. 3

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    韓国人旅行者65%減で地方に痛手

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  7. 7

    宗男氏 前夜祭巡りホテルに確認

    鈴木宗男

  8. 8

    産婦人科は奴隷労働? 無知な市民

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  10. 10

    自動運転で死亡 責任は運転手に

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。