記事

木皿泉を知るためのブックガイド

1/3
ゼロ年代もっとも重要なテレビドラマ脚本家のひとりを挙げよ、と言われればまっさきに僕は木皿泉を挙げるだろう。

木皿泉は『すいか』(03年)、『野ブタをプロデュース。』(05年)、『セクシーボイスアンドロボ』(07年)、そして『Q10』(10年)と寡作ながら心に深く残る作品を生み出した。しかし、その重要さの割に、彼らはメディアで大きく取り上げられることは少ない。三谷幸喜、宮藤官九郎、大根仁、岡田惠和ら同時代の脚本家と比べるとそれは明らかだ。

そこで、数少ない彼らが登場した紙メディアをざっくりと紹介したい。

二人の木皿泉---『AERA 2010年10月25日号



リンク先を見る

木皿泉は和泉務(いずみつとむ=通称:大福)と妻鹿年季子(めがときこ=通称:かっぱ)の夫婦による2人1組の脚本家である。(なお、当エントリーの呼称は、引用部分を除いて、現在使用されている通称=大福とかっぱに統一します。)

その数奇な経歴は『AERA 2010年10月25日号』の「現代の肖像」に詳しい。
(大福は)夫婦で兵庫県警に勤める両親のもとに生まれ、2歳でポリオを発病して左脚が麻痺、歩く時も野球をする時も装具を外せなかった。「人に迷惑をかけるな」が口癖の父は息子を卑下しているようで、遠足には祖母が付き添った。
その最愛の祖母を亡くした年、27歳の時、”キザな和泉”を意味する木皿泉をペンネームにし、NHKの漫才台本懸賞で入選し、漫才作家になる。
(大福)「健全な状態はわかりません。今、こうなっても同じなんですけど。子どもの時は嫌でしたねえ。それを相対化するためにすべてを冗談にするという体質はあると思います、飴をなめてる感じでね。それがお笑いの分野に向かわせたんでしょうね」
大福とは5年遅れで、かっぱは西宮に生まれる。
妻鹿にとっての日常は、幼い頃から途方もなく退屈なものだった。 (略) 両親に愛されて育ったが、短大時代に、多大な影響を受けることになる「大島弓子」を教えてくれた親友と仲良くなるまで、友達を欲しいとも思わず、生きている意味もわからず、自分をナマコのように感じていた。
父のコネで入った商社勤めの間、母に言われるまま11回の見合いを繰り返した。
(かっぱ)「なんだろう、この退屈な感じはとずっと思っていて、でもそれは違うんだってことが年をとって、ある時、わかったんですね。だから、そのことをずっとシナリオに書いてるんだと思います」
やがてシナリオ学校で奇跡的な出会いを果たした二人。当時、大福は学校ではすでに有名な存在だったが、かっぱの書くシナリオに強く惹かれていた。

大福は「一緒に漫画原作で儲けませんか」とかっぱに接触すると、「いつの間にか毎晩のように電話で情報交換し合うようになり、明け方の5時まで喋る毎日」。そして、ついに大福がかっぱのアパートにやってくる。
共同執筆は偶然のように始まった。書きかけの原稿をそのままにして市場に出かけた妻鹿(かっぱ)が家に戻ってワープロを覗き込むと、ギャグが入っていて原稿が活気づいていた。その上に書き足すと、ダレていた物語が面白いように転がり始める。2人、入り乱れて書くようになった。
ある時、かっぱのデビュー作『ぼくのスカート』に酷似したテレビドラマが民放で放送される。

裁判を起こせばこの世界で生きていけないという関係者の忠告も聞かずに著作権侵害の訴訟を起こす。和解勧告も受け入れず、結果、敗訴。2人は長期にわたり仕事を失ってしまう。

スカパーで放送されたイッセー尾形と永作博美が主演した『くらげが眠るまで』の脚本でようやく再起動すると、その5年後、日本テレビ『すいか』の脚本に抜擢された。

視聴率こそ低迷したが、熱狂的な支持を集め向田邦子賞受賞の報せが届く。
が、時を同じくして、大福が脳卒中で倒れ、介護生活に突入することになってしまう。

大福の介護のために中古マンションを購入を決心すると、夫婦ならローンを組めるというので、07年1月に正式に結婚した。
(かっぱ)「私はトムちゃん(大福)がいないと書けないし、お風呂にも入らない、歯も磨かない、ご飯も食べないダメ人間。死ぬまで一緒にいるのが夢だから」
だが、かっぱは『セクシーボイスアンドロボ』の執筆中に、うつ病を発症。

逆に大福がかっぱを必死に支えた。看護師は「介護されるだけと思っていた和泉(大福)さんが自分が支える側になって、一緒に脚本書いてるんだという気になられた」と、このころから元気になったと証言する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  2. 2

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  3. 3

    大相撲「トランプ杯」授与に反対

    鈴木しんじ

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  6. 6

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    雑誌の衰退は何を意味するのか

    門田隆将

  9. 9

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  10. 10

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。