記事

マタハラと評価されるのかは難しい 雇用して数ヶ月で産休の是非

 職場において妊娠や出産を理由とする嫌がらせのことをマタニティーハラスメントと言っていますが、このようなことをされたら女性は働くなと言っているに等しく、差別的言動に当たります。

 国の機関や自治体などの公務員は育休、産休はとりやすい職場とは言えますが、他方で民間企業になると、その企業の経営の体力差はピンキリなので、大企業であればある程度はその負担を分散することができたとしても、規模が小さくなればなるほどその分散が困難になってきます。

 自民党議員の発言が物議を醸してます。
<自民党>白須賀議員がマタハラ発言か 自身運営の保育園で」(毎日新聞2018年3月29日)
「自民党の白須賀貴樹衆院議員(千葉13区)は29日、働き方改革関連法案を議論する党の厚生労働部会などの合同会議で、自身が運営する保育園で病児保育のため採用した看護師について「雇って1カ月後には実は妊娠して産休に入ると(言ってきた)。人手不足で募集したのに、それは違うだろと言った瞬間に労基(労働基準監督署)に駆け込んだ」と発言した。」
 雇用されて1ヶ月後には妊娠していると告げられたら、マタハラに当たるかどうかはともかく、採用した側は青天の霹靂であることはその通りでしょう。

 雇用して1ヶ月で妊娠を告げられ、数ヶ月には産休、その後育休(ただし、取得要件を満たす場合ですが)、そして復帰することなく退職したら?

 いろいろなパターンが考えられますが、経営者としては最悪の場合を考えれば、さて、改めて雇用するかどうかの決断を迫られます。

 権利で休暇を取ることを「最悪」と表現するのはいかがなものか、という批判はありそうですが、そういう問題ではありません。経営の中で人が辞めたりすることもリスク管理であり、経営の観点から言えば、産休や育休も同じリスク管理の問題だからです。その間、さらに別に雇用しなければならないのか、その結果、余剰人員を抱えることになったらどうするのか、期間雇用であればよい人材が来てくれるのか、など検討すべきことは多々あります。

 妊娠がわかっていて、早晩、産休をとることになることを想定して応募するのはどうなのか、この事例だけ取り出せば、正直、私も違和感があります。

 通常、想定されているのは女性を雇用した、その女性が若かったりすれば、いずれ結婚し、子どもが生まれる、ということは想定しているからいずれそうしたバランスを考えながら人材を雇い入れるということになりますが、最初からすぐに産休ということは普通は想定されいません。想定していないことが非難に値するとも思えません。

 出産、育児を企業も含め社会で支えようということなので、どこかで線引きができるかと言われると、その線引きも困難です。

 だから、どのような事態であろうと、ある意味では文句を言わずに受け入れよということになるのかもしれません。

 しかしね、現実には他の労働者にしわ寄せがいくことは目に見えています。

 全員で支える、会社がその分を負担せよ、などが考えられますが、一民間企業でそれが可能かと言われれば「理念」どおりに行くと思えません。誰もがみな、女性に限らず、男性も育休だと言い出したら、確実に今の労働力の総量は半減します。生産力も半減するということです。

 そうした低生産の中で皆が等しく生産物を分け合うということに甘んじるというのであれば、私はそれも選択の1つですし、それはそれで良いと思います。

 しかし、育休、産休は権利だと言っている人たちは、そこまでの覚悟があるのでしょうか。誰かが負担してくれるだろうという発想にはなっていないでしょうか。

マタハラが厳禁なのは当然


マタハラ妊娠出産

 今回、この自民党議員が思わず「本音」を言ってしまいましたが、もちろん、私もこの事例の看護師について全く問題ない、当然の権利だと言われてしまうと違和感はあります。

 この問題は、育休、産休に内在する問題でもあります。

 以前、労基法に生理休暇が規定されていた頃、その濫用がいわれていたことがありました。生理休暇の取得日が金曜日など休日の前日に取得する割合が高いという具合です。

 白須賀氏の発言は考えるきっかけにはなるもので、改めて産休、育休のもつ社会的意義について考えてみたいのものです。
管理職の育児休暇について考える 自分だけの「権利」を実現することはできない

あわせて読みたい

「育児休暇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  4. 4

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  5. 5

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  6. 6

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  8. 8

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    検事長の定年 口頭決裁あり得ぬ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。