記事

18年度予算が成立、麻生財務相「森友問題に審議時間取られ残念」

[東京 28日 ロイター] - 一般会計総額97兆7128億円に上る2018年度当初予算は28日の参院本会議で成立した。麻生太郎財務相は、予算成立後に国会内で記者団の取材に応じ、「予算自体は人づくりや生産性向上など重要課題に重点化しているので、迅速かつ着実な実施に取り組んでいかねばならない」との認識を示した。

一方、財務省による文書改ざん問題を受けて、予算そのものの議論が深まらなかったことについては「もう少し(予算の中身の)議論をしていただきたかったのが率直な実感だが、森友問題に時間が多く取られたのは私どもとしては大変残念」と述べた。

27日に行われた佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を巡っては、刑事訴追される恐れがあれば「(証言を)拒否する権限はある。刑事訴追と関係のない部分ははっきり言っていた」と指摘した。

*内容を追加しました。

(梅川崇)

あわせて読みたい

「国家予算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  8. 8

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  9. 9

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。