記事

18年度予算が成立、麻生財務相「森友問題に審議時間取られ残念」

[東京 28日 ロイター] - 一般会計総額97兆7128億円に上る2018年度当初予算は28日の参院本会議で成立した。麻生太郎財務相は、予算成立後に国会内で記者団の取材に応じ、「予算自体は人づくりや生産性向上など重要課題に重点化しているので、迅速かつ着実な実施に取り組んでいかねばならない」との認識を示した。

一方、財務省による文書改ざん問題を受けて、予算そのものの議論が深まらなかったことについては「もう少し(予算の中身の)議論をしていただきたかったのが率直な実感だが、森友問題に時間が多く取られたのは私どもとしては大変残念」と述べた。

27日に行われた佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を巡っては、刑事訴追される恐れがあれば「(証言を)拒否する権限はある。刑事訴追と関係のない部分ははっきり言っていた」と指摘した。

*内容を追加しました。

(梅川崇)

あわせて読みたい

「国家予算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  3. 3

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  4. 4

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  5. 5

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  6. 6

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。