記事

長時間労働を抑制!広告4団体が新ルールの受発注ガイドライン発効

日本アドバタイザーズ協会(JAA)、日本広告業協会(JAAA)、日本アド・コンテンツ制作協会(JAC)、日本広告制作協会(OAC)の広告関係4団体は、「広告制作取引『受発注』ガイドライン」を26日に発効した。働き方の見直し、長時間労働抑制を目的に、広告の受発注において新ルール(平成30年ルール)を作成した。広告主、広告会社、制作会社の3者での周知期間を経て4月下旬より順次運用を開始する予定だ。

広告制作業務における長時間労働削減のためには、受注/発注側の両者がお互いの立場を尊重し、業務を進めることが重要。今回のガイドラインは制作費や納期などの発注内容を事前に明確にし、適切なスケジュール管理のもと業務管理を行い、受注/発注両者が長時間労働の抑制に取り組むことが目的。それらを「受発注確認書」として電子メールで取り交わすことをルールとしている。 広告関係4団体は、「新しい働き方」円卓会議を第2回(17年12月8日)、第3回(18年1月11日)と開催し、ガイドラインを策定してきた。

また、広告主、広告会社、制作会社が現在の広告制作業務プロセスを改めて確認、把握するためのガイドブックとして、現在「広告制作ビジネスプロセスハンドブック」を作成中。完成した時点で「改めて報告したい」とし、その上で4団体のホームページにも掲示する方針だ。

今回のガイドラインの概要を見ると、発注内容を事前に明確にし、業務の進め方の改善を図ることが、ガイドラインを策定する目的となっている。よって、受発注時に必ず両者は、土日祝日・深夜勤務を回避した「無理のないスケジュール」を事前に確認し合い、それを「確認書」として電子メールの書面をもって確認することをルールとしている。

また。取り決められたスケジュールが企画決定時に変更になった場合、または制作時に何らかの事情により変更になった場合などは、その時点で変更内容を確認し、改めてスケジュールを協議のうえ、電子メールの書面で再度お互いが確認することとしている。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  2. 2

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  3. 3

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  4. 4

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  5. 5

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  6. 6

    ワクチン接種の60代女性が死亡 ワクチンとの因果関係は不明

    ABEMA TIMES

    03月02日 19:53

  7. 7

    緊急事態宣言再々延長ならば菅政権の失政が原因

    鈴木しんじ

    03月02日 18:08

  8. 8

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

  9. 9

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  10. 10

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。