記事

前場の日経平均は続落、半年ぶり安値水準 米中貿易戦争の警戒続く

[東京 26日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比81円98銭安の2万0535円88銭となり、続落した。米中貿易戦争への懸念がくすぶる中、前週末の米国株が大幅に続落したことを嫌気した売りが先行した。下げ幅は一時270円となり、取引時間中としては昨年9月29日以来、約半年ぶりの安値水準を付けた。前引けにかけては、円高一服と米株価先物の上昇を支えに下げ渋る展開だった。

TOPIXは前営業日比0.74%安で午前の取引を終了した。東証33業種で値下がり率トップは海運。上昇セクターはパルプ・紙や鉱業など6セクターにとどまった。東証1部の前場の売買代金は1兆3230億円だった。

日中はドル/円<JPY=>が一時105円台を回復。米株価指数先物の上昇のほか、上海総合指数<.SSEC>が下げ渋る動きとなったことも相場の支援材料となった。ただ、「米中関係は落としどころがまだ見えない」(セゾン投信・運用部長の瀬下哲雄氏)として投資家の警戒感は根強く、日本株には戻り売りも出た。

東証1部の騰落数は、値上がり397銘柄に対し、値下がりが1630銘柄、変わらずが55銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  9. 9

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  10. 10

    物議を醸す「45歳定年」 定年という言葉が使われている時点でムリがある理由

    NEWSポストセブン

    09月26日 08:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。