記事

「老人狩り」が頻発 若者たちは「心は痛まない」と言い放つ

 1990年代に、少年が集団で中高年男性を襲撃し、金品を奪う犯罪「おやじ狩り」が注目を集めた。近年は、若者が集団で老人から簒奪する「老人狩り」と言ってもよいような犯罪が頻発している。彼らはなぜ、老人を狙うのか。ライターの森鷹久氏が、老人をターゲットにする若者たちの本音に迫った。

 * * *


【老人の心に響く内容で契約を結ばせる詐欺グループ】

 筆者が取材したことのある「リフォーム詐欺」を行っていた男性が、5年ほど前に言い放った言葉を思い出す。

「正直、老人から金を取っても心が痛まない。俺たちには未来がある。日本の未来だって、若者にかかっている。老人は生きれば生きるほど金がかかる。その金を払っているのは若者だ。あとは死ぬだけ、という老人たちに金は必要ない」

 今年2月、千葉県茂原市で、資産家の80代女性が少年たちによって殺害された。地元では「ヤンチャ」だと名を馳せていた彼らは、警察の取り調べに対し「金目的で高齢女性が住む家に盗みに入った」と供述しており、強盗殺人容疑で逮捕されたが、被害者女性と彼らに面識はなかった。

「少年らは資産家で一人暮らしの女性宅を狙っていたようですが、顔を見られたので女性を殺害したと話すなど、犯行はずさんで場当たり的。事件後、仲間内で“なぜ殺したんだ”などと揉め事になったとも言われていて、弱い者を狙った安易で卑劣な動機が浮かび上がってきます」

 こう話すのは大手紙の事件担当記者。また、少年らを知る千葉県鴨川市在住の男性も、次のように証言する。

「改造バイクを乗り回すなどヤンチャな一面はあったが、人殺しをするほどの“悪党”ではなかった。建設作業員などの仕事をしていたはずだが、金遣いが荒く、金銭的に逼迫していたとは聞いている。そういう仲間が集まったことで気が大きくなり、後先考えず盗みに入ってしまったのではないか」

 茂原の事件で逮捕された少年らも「年寄りからは金を取っても良い」「年寄りからは奪いやすい」と身勝手に考えたのだろうか。万一、被害女性に顔を見られることなく、無事に金銭を強奪できていたとすれば、少年たちは次々に独居老人宅に狙いを定めて、第二、第三の犯行に手を染めたことも、容易に想像できる。

 冒頭で紹介した「リフォーム詐欺」に関わっていた男性。こちらも独居老人や身寄りの少ない高齢者宅を徹底的に調べ上げ、ピンポイントで訪問し、法外な価格で不必要な“床下換気扇”などの商品を売りつけていた。近しい業者の摘発が相次いだことで廃業に追い込まれたわけだが、その後も「老人」をターゲットにした商売を続けた。

「老人に響くのは、ズバリ“余生をどう過ごすか”と問うこと。老人ホームの優先入居を販売したり、葬式代を安く済ませるための共済への加入を進める、といった商売でかなり儲けた。今は下(部下)に任せて、一線からは抜けましたが、若い奴らの中には、あまり“上手くない”連中もいて、色々とトラブルを起こしていると聞いている」 この“上手くない”という表現であるが、男性がスキームを作り、今では部下に任せている老人をターゲットにした商売が“詐欺まがい”であることに他ならない証左である。

 事実、男性の部下たちは仕組みや支払額を詳しく説明せず、また説明したとしても非常に難解な仕組みを老人に“分かった気に”させることで、商品を売りつけている。その結果、多くの金を支払った老人たちが実際には老人ホームに入居することができなかったり、できたとしても、遠く離れた北海道や九州の僻地にある老人ホームにしか入れない“入居権”を買わされる。

 また、万が一のために積み立てた葬式用の共済も、いざ必要となった時には「数十万で式をあげられる」などといった従前の説明とは違い、総額で数百万円を請求される。もちろん、その都度大小の係争案件にはなっているというが、司法や関係当局から「違法だ」として追求されることまでには発展しない。寂しい独居老人を狙うのはそのためであり、被害者であるはずの独居老人をいかにして取り込むか、ここがキモだ。誰も見向きもしない老人の相手をして、老人を味方につけさえすればよい。

「あんたは孫のようだね」などとでも言わせてみれば、老人は通帳から葬式代まで預けてくれることにもなる。結婚詐欺などと同様に、万一相手が”騙された”と気がついてもそう思わせない、警察や当局に駆け込ませない、もしくは体良く諦めさせるといった、情に訴える”方法”だってある。泣き落としてみたっていい。脅しや暴行など、解りやすい“ヘマ”さえ犯さず“上手くやって”いれば「やったもん勝ち」の商売。だから彼らはこの「おいしいシノギ(仕事)」から手を引く気はない。

 一方“上手くやれない”連中はどうしているのかというと、茂原の事件で逮捕された少年らのように、卑劣過ぎる犯行を軽々しくやってのける。

「うちの会社の枝(配下)でやってる連中が、(独居老人の)顧客リストの家に空き巣を繰り返して逮捕されました。上手く営業……というか老人を説得できないとか、追い返されてムカついたとか、そんな理由で犯行に及んだのだそうです。連中はシャバに出てきてからも、グーグルのストリートビューを使って空き巣できそうな家を探したり、駐車されている車の車種をメモして、窃盗の下調べを行っているといいます」

 男性はかつて「たとえ法外な価格で商品を売っていたとはいえ、最終的には相手(老人)が買ってくれている。そこまでには何度も足繁く通ったり、話し相手になってあげたりもしている。一方的に詐欺だ、犯罪だと言われる筋合いはない」という風に、筆者に力説していた。そんな彼らを見てきた彼の部下、手下達に悪い影響を及ぼしているのではないか。改めて男性に聞いた。

「老人から金を奪っても構わない、とまでは言っていないし、殺せ、殴れといったこともない。若い連中の犯罪の原因が俺たちだ、というならそれはおかしいでしょう。ただ、あの時と同じように、老人は金を溜め込み、若者は貧乏という図式は、今も変わらないどころか、老人を生かしておくための税金だって年々上がっており、状況は悪くなる一方。いずれこうなったんだろうし(老人を取り巻く環境は)もっと悪くなるでしょう」

 男性は詳細を明かさなかったが、さらに新しい“スキーム”によって、老人達から効率的に金銭を搾取するビジネスを始めるのだという。あからさまな犯罪ではなくとも、巧妙に仕組まれたシステムによって老人達から資産を巻き上げて逃げ切るか、それとも老人達を物理的に追い込み、時には危害を加えてまでして金銭を奪い取るのか。

「俺たちだけじゃない。大企業だって“上手くやっている”ところは叩かれないし、老人を食い物にしていると気がつかれることだってない」(前出のリフォーム詐欺リーダーの男性)

 弱者を食い物にする卑劣な「老人狩り」は、先の見えにくい我が国の病理そのものなのだ。

あわせて読みたい

「詐欺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    B'z見下すフジロック信者に反論

    常見陽平

  2. 2

    韓国 金利デリバティブを調査へ

    ロイター

  3. 3

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  4. 4

    衝撃れいわ支持率 議員が危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    N国・立花孝志氏が崎陽軒に謝罪

    SmartFLASH

  6. 6

    矢沢永吉「悠々自適なんてウソ」

    BLOGOS編集部

  7. 7

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

  8. 8

    輸出規制強化で奮い立つ韓国企業

    ヒロ

  9. 9

    あおり殴打めぐり拡散されたデマ

    かさこ

  10. 10

    韓国紙の歪曲した歴史解釈に呆れ

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。