記事

容疑者=犯罪者呼ばわりする男が法治国家の首相に相応しいか。

さて、皆さんご存じの通り安倍首相は昨年の選挙において、自らも利害関係がある籠池夫妻に関して逮捕、拘留中であり、裁判すら行われてもいないのに「犯罪者」「詐欺師」と断定しました。

「籠池氏は詐欺を働く人間。昭恵も騙された。」は、“首相失格の暴言”
https://nobuogohara.com/2017/10/12/%E3%80%8C%E7%B1%A0%E6%B1%A0%E6%B0%8F%E3%81%AF%E8%A9%90%E6%AC%BA%E3%82%92%E5%83%8D%E3%81%8F%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%80%82%E6%98%AD%E6%81%B5%E3%82%82%E9%A8%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%82%E3%80%8D/
>籠池氏は、森友学園が受給していた国土交通省の「サスティナブル建築物先導事業に対する補助金」の不正受給の事実についての詐欺罪で逮捕され、起訴された。しかし、刑事事件については、「推定無罪の原則」が働く。しかも、籠池氏は、その容疑事実については、完全黙秘を貫いていると報じられている。その籠池氏の公判も始まっておらず、本人に言い分を述べる機会は全く与えられていないのに、行政の長である総理大臣が、起訴事実が「確定的な事実」であるように発言する。
>このような首相発言が許されるとすれば、もはや今、日本は法治国家ではない。
安倍首相の発言は法治を無視しています。
更には籠池夫妻は安倍晋三夫妻に取って都合の悪い発言をする人間であり、個人的な利害関係者もあります。

この一点だけでも総理大臣は勿論、政治家としても、更に申せば社会人としても失格です。
何しろ法治を否定し、自分に取って都合の悪い人間を「罪人」扱いしているわけですから。

本来この件だけでも安倍晋三総理は弾劾されるべきです。
ところが野党もメディアもこの件を追及しようとはしません。

誠に持って不思議な話しです。
更に申せば、籠池夫妻はいわゆる代用監獄に半年以上も拘留されております。これまた拘置所を刑務所代わりにつかうことであり、民主国家としてあり得ない話です。

ところがメディアはこれまたたまに触れるぐらいで、問題にしてきませんでした。
ですから痴漢冤罪などで半年とか代用監獄にぶち込まれ、会社かは解雇されるなどといった悲劇が起きています。

メディアが「捕まったら犯罪者」というイメージをメディアが増幅しているわけです。
メディアがこれまた法治を無視しているわけです。

果たしてこれでメディアがその責任を果たしているといえるでしょうか。
その原因の一つは記者クラブ制度です。警察、検や司法の記者クラブは当局とズブズブの関係であり、利益共同体となっています。ですから警察や検察の言い分やリークをそのままかき立てて、容疑者を犯罪者のごとく報道します。また当局に対して異議を唱えると、特落ちとか報復されるので、ご機嫌を損なわないようにしています。
このため記者会見は形骸化しています。

籠池夫妻の問題ではこのような背景もあります。

果たして法治国家を否定する男が、総理大臣の地位に居座ることが民主国家として正しい道なのでしょうか。
この現状に対して報道も批判もしないメディアが報道の仕事をしているといえるでしょうか。

野党は森友問題と併せて、安倍晋三首相を弾劾すべきです。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  2. 2

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  5. 5

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  6. 6

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  7. 7

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  8. 8

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  10. 10

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。