記事

山尾志桜里は超合理主義ではない

先日、井上達夫氏と山尾志桜里氏とわしで鼎談を行なった。
載せるのは『ゴー宣〈憲法〉道場』(毎日新聞出版)だ。
4月末ごろ、発売になる。 

このとき、わしは山尾氏に苦言を呈した。
井上達夫氏は第三者だが、非常に的確にわしの言い分をフォローしてくれた。
諸君、井上達夫はやっぱり人間的に信用できるぞ。
5月3日の「ゴー宣道場」に登壇してくれるから期待してくれ。

言っておくが、対面して、腹を割って話すと山尾氏はやっぱりわしの言うことが通じる。
「ゴー宣道場」がマイルドだったら二人を助けられたか、とわしが言うと、「私だってマイルドじゃない」と主張した。その通りだ。彼女は分かっている。

倉持に対する意見は「私に言わないで、親分の方から、言ってください」と言われてしまった。
わしはこの言葉の中に、超合理主義に見える山尾志桜里の、日本人的な「仁義」の感覚を感じてしまい、驚いた。

政治家という立場、私的な立場、いろんなものが山尾氏に制約をかけて、公的に言えないことがいっぱいある。
その言えないことを、わしの立場から代弁していたということも、彼女は分かっていて、ちゃんと感謝してるようだ。

鼎談の夜、書いたわしのブログに対しても、翌日、山尾氏からメールがあって、「感謝してます」と書いてあった。
やっぱり山尾志桜里は信用していい人間性を持っていると思う。

倉持は若い。あの世代は誰だって調子に乗ってしくじることはある。
わしもあの年齢の頃は血気盛んで無茶苦茶だった。
今でも世間的には無茶苦茶なのかもしれないが、人生は真面目に正義を追及する感覚と、ケ・セラ・セラが混合していていいんだ。
倉持よ、落ち込む必要はない。君には両方あるんだ。
「ゴー宣道場」の支持者も、あたたかく見守ってほしい。

あわせて読みたい

「山尾志桜里」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  5. 5

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  6. 6

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  9. 9

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。