記事

森友学園瑞穂の國記念小學院設置認可申請に関する大阪府検証(監査)報告書

1/2

橋下元大阪府知事が、元経産官僚古賀茂明氏の

「森友学園の“特例的な内容”の原点は大阪府だった(https://dot.asahi.com/dot/2018031800012.html)」

という記事に対して、相当な勢いで否定ツイートを連投しています

-------------以下橋下氏のツイート------------

「借地上の校舎を禁じるルールが妥当なのかもっと考えろ。おかしなルールは変えるのが改革だ。 - 3月19日のツイート(http://blogos.com/article/284877/)」。

・完全に事実誤認。もっとしっかり取材しなさい。個人の名前を出したら名誉棄損は確定だよ。大阪府は条件付き認可適当として審議のテーブルに上げただけで最終的な認可はしていない。最後は学園が申請取り下げ。内規に違反していたことは事実。しかしそれは内規の方がおかしかった。 https://twitter.com/kogashigeaki/status/975643418230628352

・借地上に校舎を建てることを禁止した理由は何か?それは財務的に破たんした際にせめて校舎だけは残す趣旨。それなら財務上問題なければ借地上の校舎でも問題ない。だから内規の方がおかしかったので、大阪府は借地上の校舎でも審議のテーブルには乗せる内規変更を行ったらしい。

・森友学園が普通の学校でお金も十分に持っていた場合、この規定でしゃくし定規に申請を却下したら、あなたは新規参入を認めろ!既存の私学の保護だ!と大騒ぎしていたでしょう。事前の却下をできる限り避けて、審査のテーブルに上げてしっかり審査することが既得権打破の黄金則。一から勉強しなさい。

・しかし、ほんと古賀茂明も頭が悪いというか、感情先行型。いつも改革、改革、既得権打破!規制緩和!と騒いでいるのに、自分の気に食わない相手には、もっと規制強化しろ!と言う。どっちなんだよ。借地上の校舎を禁じるルールが妥当なのかもっと考えろ。おかしなルールは変えるのが改革だ。ボケ! https://twitter.com/kogashigeaki/status/975643418230628352

------------------------------------

自分が批判されると、いきなり他人を上から目線で、名誉棄損は確定だの、勉強しろの、頭が悪いの、感情先行だのと罵倒する氏の相変わらずのスタイルには正直辟易としますが、果たして氏が言うほどに、古賀氏は不勉強でしょうか?

様々な行きがかり上少々興味があって氏のツイートから森友学園瑞穂の國記念小學院の設置認可申請に対する大阪府の対応についてGoogleしてみると、必ずしもそうとも言えない事実がヒットしますし、森友学園の真相解明には与野党上げて賛成ですので、その事実を事実として述べさせていただきたいと思います。

まず、氏が「内規」としているものは、正確には、「大阪府私立小学校及び中学校の設置認可申請に関する審査基準」と題する文書
画像を見る審査基準.pdf )( http://www.pref.osaka.lg.jp/joho-kensaku/attach/shinsa-00063_1.pdf
で、この中で「大阪教育庁が、市立小学校及び私立中学校の設置及び収容定員に係る学則の変更の認可を行う場合は、小学校設置基準(平成14年文部科学省令第14号)及び中学校設置基準(平成14年文部科学省令第15号)その他の関係法令等の他、この基準及び手続きにより審査する。」と定められています。

確かにこの基準は法律でも条例でもなく、基本的には「省令」の地方版位の位置づけで、「内規」と言えなくもありません。しかし正に「省令」が法規範性を有するように、この設置基準も法規範性を有するものと解され、変更は所轄庁(この場合大阪府教育庁)でできるにせよ、少なくとも事前の告知は必要であろうと考えられますし、当たり前ですが変更後の基準が適用されるのは変更後の案件であり、変更前の案件にさかのぼっての適用はなされるべきことではありません(でなければ、法規範・「基準」としての用を為しません。)。

実際大阪府教育庁は、平成24年の、「借入金があっても私立小学校を設置できる」ようにする審査基準の変更については、これをパブリックコメントに付したうえで、変更しています(画像を見る借入金審査基準改正案.pdf )(http://www.pref.osaka.lg.jp/shigaku/pabukome_kekka/index.html)。

それでは、「借地の上に校舎を建てる場合でも私立小学校を設置できる」様にする審査基準の変更についてはどうでしょうか?橋下氏は「大阪府は借地上の校舎でも審議のテーブルには乗せる内規変更を行ったらしい」とツイートしていますが、事実としては、松井府知事が大阪府私立学校審議会に「瑞穂の國記念小學院の設置」について諮問して「審査のテーブルに上げた」時点において、そのような「内規」すなわち審査基準の変更は、なされていません。

それどころか、この点について他ならぬ大阪府自身が検証(監査)を行い
画像を見る検証(監査)報告書.pdf )(http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/4033/00263250/29-1-12secchininnka.pdf)、

「学校法人森友園の小設置認可案件において、借地である校舎敷地を自己所有とみなして審査基準に適合するとの判断を行っているが、当時の審査基準 の文言に該当するとは直ち読み取れない。また、その経緯も含め意思決定に至る過程ついて文書を作成していなかったため、事務作業の実績を合理的に跡付け、又は検証することに支障が生じた。」

「審査基準等の運用に当たっては、平成29年8月10日に改正された大阪府教育委員会行政文書管理規則に基づき意思決定に至る文を作成されたい。また、審査基準等の解釈及び運用に係る判断については、十分な根拠に基づいて行われたい。」

との結論を出しているのです。

さて、この検証(監査)報告書の記載等から、「借地上に小学校を設置する」森友学園瑞穂の國小學院の設置が、一旦とはいえ「条件付き認可適当」という結論に至った過程を、少々長くなりますが時系列で見てみましょう。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  3. 3

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  4. 4

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  5. 5

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  6. 6

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  7. 7

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  8. 8

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  9. 9

    菅政権 唯一の誤算は高い支持率

    PRESIDENT Online

  10. 10

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。