記事

峰崎部屋暴力事件で加害者力士に直撃 協会発表と重大な矛盾


【協会はこの矛盾をどう説明するのか(時事通信フォト)】

 貴乃花部屋の十両・貴公俊による“付け人殴打”が起きた春場所中日の3月18日、日本相撲協会は「峰崎部屋で暴力問題が起きていた」と発表した。この暴力問題の情報をいち早く掴み、1か月以上にわたって取材を続けていた『週刊ポスト』は、協会が問題を発表する「前日」の3月17日に、加害者力士・Aに直撃取材を敢行していた。

 協会の発表した内容を要約すると、「峰崎部屋の力士が弟弟子に暴力を振るっていた。弟弟子はその暴力を理由に引退。すでに危機管理員会が調査しており、加害者の力士は暴力を認め、被害者との間で和解済み。加害者は3月末の理事会で処分する」というものだった。だが、その発表前日、加害者力士・Aが直撃取材に答えた内容は、協会の発表とは全く違うものだった。以下、一問一答である。

──あなたの暴力が原因で廃業した弟弟子について聞きたい。
A:何の話か、よくわかりませんね。

──危機管理員会には呼ばれていないのか。
A:ないです。

──弟弟子が引退したのは暴力が原因ではない?
A:初めて聞きました。なんで辞めたかも全然知らないです。

──初場所直前の暴行が廃業のきっかけではないのか。
A:辞めたというのは知っていますが、(暴力というのは)初めて聞きましたね。

──突然いなくなった?
A:そうですよ。スカした男でしたから。“なんで逃げたの?”という感じでした。

 暴力問題など存在しなかった、危機管理委員会にも呼ばれていない──翌日に協会が発表する内容とはまったく矛盾する話をしていたのである。

 そもそも、協会の発表は当事者間で和解が成立したとする時期から2週間以上が経過したタイミングだった。春場所に出場していた加害者力士・Aが発表後に休場したことから考えても、あらかじめ準備された発表ではなく、本誌・週刊ポストの直撃取材を受けて慌てて対応した形跡があるのだ。

 発表が貴公俊による暴行当日に重なったことでメディアの扱いは小さくなったが、問題は深刻だ。改めて角界の闇の深さを浮き彫りにした峰崎部屋暴力問題の真相は、3月26日(月)発売の『週刊ポスト』で詳報している。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。