記事

財務省理財局の隠ぺい疑惑について検証中

今、2日の「書き換え疑惑」報道以後、財務省理財局が、書き換え前文書を隠そうとしたのではないかという疑惑について徹底的に検証している。

財務省は5日に「本省には文書は残っていない」と説明していたのに、
15日の参院財政金融委員会で太田理財局長は、
「文書管理システムに、書き換え前のものも併せて保存をされており、更新履歴をたどるとそのことが確認できる」と述べた。
さらに、「正直に申し上げると、今回の調査でそのことを知った」と述べた。

しかし、この答弁は極めておかしい。
総務省に聞いたところ、局長などの決裁権者も含め文書管理システムにアクセスできて普段システムを使っている人物は、履歴が残るのは容易にわかるし、普段から知っているとのこと。

例えば、課長補佐から上がってきた決裁文書を課長が修正すると、その履歴が残るとともに前の文書も残る。

それを部長などの上司にさらに上げるわけだが、決裁後の文書を書き換えたときも同様の履歴と書き換え前文書が残ると。

しかも、こうした文書の履歴は、アクセス権を持つ人間が、自分のパソコンを開いて操作すれば簡単に確認することができるということである。

となると、5日の説明と15日の答弁の矛盾のみならず、太田理財局長の「今回の調査でそのことを知った」というのは、極めておかしい。

方法は今は明かせないが、客観的証拠を収集するために他省庁の協力も得ながら、今徹底的に調査している。


『新事実次々、政府説明に疑義=文書保管、官邸への報告-改ざん問題』(時事)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031700425&g=pol  

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。