記事

「キングオブDJ」小林克也の新たな挑戦 ――がん克服し25年ぶりの新アルバム発売 - 田中秋夫が語る

写真AC

77歳の節目に25年ぶりのオリジナルアルバム発売

〝キングオブDJ〟と呼ばれ48年にわたりラジオ・TV界の第一線を走り続けている小林克也=愛称〝KORBY(コ―ビ―)〟が3月27日に77歳、喜寿を迎える。それを記念して彼が率いるナンバーワンバンドが25年振りのオリジナルアルバム「鯛~最後の晩餐」を3月21日に発売した。

タイトルは喜寿を迎える「めで鯛」と「おそらくこれが最後(笑)」という想いを込めて名付けたという。

このアルバムは新録音の通常盤の他に限定盤として私が文化放送でプロデュースした番組「小林克也のNO1ジョッキー」で公開録音を開催した時のライブ音源がボーナストラックになっている。

その中には当時話題になった曲、六本木でベンツを乗りまわすやくざを歌った「六本木のベンちゃん」や広島弁でレゲエ調に歌う「うわさのカム・トゥ・ハワイ」等が収録されている。

「NO1ジョッキー」はナンバーワンバンドのデビュー直後の1982年10月にスタートした番組で、全国主要5局ネットで放送し、その付帯企画として5大都市で公開録音を開催した。各会場には克也氏をリスペクトする桑田佳祐、世良正則、鈴木雅之たちがゲストとして出演した為各会場とも満員の盛況だった。

この番組の制作ディレクターは同バンドでギターを担当した佐藤輝夫氏(番組制作会社シャララ元代表)だったが、その彼が今回の新アルバムも企画制作している。

「キングオブDJ」が語ったラジオへの熱い想い

1941年広島県の福山市に生まれた克也氏が子供の頃におもちゃの代わりに親しんだのはラジオだったという。特に中学、高校時代には米軍岩国基地のラジオ局FENの音楽番組を聴いてディスクジョッキーに憧れたという。

彼はこの頃を回想して「僕の育った時代はラジオしかなくて、ラジオから音楽やドラマが流れると映像を想像して頭の中で結びつけるからスケールが大きいんですよ」と語っている。

広島から上京して慶応義塾大学に入学するとFENを聴いて学んだ英語力と洋楽の知識を武器に、外人の観光ガイドのアルバイトや外人相手のナイトクラブの司会等で稼いでいたという。

やがてそのエッジの利いたトークと英語力が評価され1970年にラジオ関東から音楽番組の声がかかり「バブリング・オブ・ポップス」でDJデビューする。ラジオ界では先輩にあたる洋楽番組の大物司会者は何人か存在していたが、彼のような本格的発音とアメリカンDJスタイルは新鮮で瞬く間に人気DJの地位を確立していった。

その後、ラジオ・TV各局で数々のDJ番組を担当し、「スネークマンショー」やTVの「ベストヒットUSA」等、伝説の名番組を生み出し、今や〝キングオブDJ〟と呼ばれるまでになった。

そんな中、私がFM NACK5の編成責任者になった1990年に克也氏から提案されてスタートした番組が「ファンキーフライデー」である。

今でも続くその番組は毎週金曜日の朝9時から夕方6時までの9時間ワイド番組で、聴取率調査では番組スタート以来常にトップに君臨している。リスナーの中心はドライバー層で、一時は彼等の間で番組特製の「日の丸ステッカー」が大流行した。しかし、彼は2006年に胃がん、その6年後に前立腺がんを患い番組の継続が危ぶまれたが、見事にそれを克服して現在も元気に放送を続けている。

彼は昨年6月週刊ポストのインタビューに
「ドライバーは運転している時にラジオから好きな曲が流れると盛り上がるし、面白い話で笑う。常にリスナーと共にあるってことですよね。人は群れで生活する生き物だけど、ラジオはみんなと一緒にやっているという魅力がありますよね。僕はラジオが一番、生(ナマ)の意識が伝わると思っています」
とラジオへの熱い想いを語っている。


鯛~最後の晩餐~(2CD+MOOK)(完全生産限定盤)
小林 克也 & ザ・ナンバーワン・バンド
ビクターエンタテインメント (2018-03-21)
売り上げランキング: 1,170

田中秋夫プロフィル
1940年生まれ。一般社団法人放送人の会・理事。元FM NACK5常務取締役。 1964年、文化放送にアナウンサーとして入局、その後、制作部に。「セイ!ヤング」や「ミスDJリクエストパレード」など深夜番組の開発に尽力し、ラジオ界での名物ディレクターとして知られる。1990年にFM NACK5に制作責任者として転籍。ラジオ番組のコンクールでは「浦和ロック伝説」「イムジン河2001」「中津川フォークジャンボリー」等で日本民間放送連盟賞受賞

あわせて読みたい

「ラジオ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    謙虚なラグビー界 にわかを歓迎

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ホームレス拒否 人権に疎い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    防衛省に戦闘機調達の能力はない

    清谷信一

  4. 4

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  6. 6

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  7. 7

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  8. 8

    ラグビー敗退 熱はまた4年続くか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  10. 10

    西田敏行 降板に止まぬ惜別の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。