記事

沈みゆく日本の大学業界を これからの若手が生き抜いていくには?

1/2

この3月上旬、オスロはノルウェーへひとっ飛びしてきました。何気にノルウェー入りは初でちょっとだけワクワクしました。今回、オスロへ旅立ったのは国際学会で発表のためです。Nordic Educational Research Association という北欧の教育研究のための国際学会(NERA 2018)で、半年前に論文発表者を募っていたので修士論文の要旨を提出したところ、奇跡的に通ったのでした。そういうわけでノルウェーまで飛んだのですが往復渡航費、学会参加費と学会側で用意していただいたホテル代だけで20万円オーバーという…泣

この高くついた学会への見返りは何だったんだでしょうか..と現地であった日本人の先輩研究者に聞いたところ、「国際学会での査読つき論文発表」が業績としてカウントされるよとのこと。どうやら「国際学会での査読つき論文発表」というのはアカデミックキャリア形成ではかなり「ポイントが高い」とのことです。

そういうわけで今回は、この謎めいた「アカデミア」の人たちはどのようにキャリアを形成していくのか、海外留学生はどのようにしてキャリア選択をしていけばいいのか、さらに斜陽産業である日本の大学業界において、フリーランスの兼業研究者の可能性を模索します。

「大学教員」って本当にいい仕事?

「大学教員」という肩書きの響きは悪くはない。学歴社会である日本では、(必要以上に)権威が高いだけでなく、実際の給料も悪くないからである。 こちらの記事 によると、大学教授の平均年収は1000万円越えであり、医者とそう変わらない。待遇が悪いだけでなく、自分の興味関心の赴くままに自分の研究領域を探求できることもまた魅力の1つだ。そのようなイメージがあれば、アカデミックキャリアを描くことは夢に溢れているが、実情は複雑でありこの産業自体が「沈みゆく大船」である現状は否めないことは、 東洋経済オンラインの「52歳大学非常勤講師・年収200万円の不条理」を読めばよくわかる。

「現在は複数の大学で週5コマの授業を担当。雑誌への執筆や専門学校での集中講座などの雑収入を合わせると、ようやく年収200万円ほどになる。大学院時代に日本学生支援機構から借りた奨学金の返済がまだ300万円ほど残っている。独身で、実家暮らし。年金受給者の母親と同居しているため、なんとか生活できているという。」(誌面より)

大学教員は教員でも、終身雇用の資格である「教授」から、短期の雇用契約であり流動性が高い「非常勤講師」を含むので多義的である。上記の最初に提示した大学教員とは、大学教授のことを指し、後者は「非常勤講師」のことを指す。同じように授業を教えていても、専任教授と非常勤講師、給料の格差が10倍であることも 東洋経済オンラインの記事は明らかにしている。

あわせて読みたい

「大学教員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブルゾンちえみ 卒業真意明かす

    たかまつなな

  2. 2

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  3. 3

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  4. 4

    大東駿介 妻と子3人の存在を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    徴用工めぐり韓国が資産現金化へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    防衛医大で女子学生のレイプ騒動

    文春オンライン

  7. 7

    日本に社会主義が根付かない背景

    SYNODOS

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    米が中国旅客機の乗り入れ禁止へ

    ロイター

  10. 10

    植松死刑囚が風俗嬢に残した言葉

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。