記事

何のための東京五輪?その3 真の復興五輪たれ 東京都長期ビジョンを読み解く!その59

2/2

■ サスティナビリティ五輪までの道のりは遠い!

オリンピックの精神とは「スポーツを通して心身を向上させ、文化・国籍などさまざまな違いを乗り越え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって、平和でよりよい世界の実現に貢献すること」だ。

「スポーツ」と「文化」に、近年「環境」が加わり、オリンピックは世界中の人々が地球環境について考える機会にもなったとされる。この3つ目の柱とされる環境、特に「サスティナビリティ(持続可能性)」を重視することの重要性が増している。

レガシーとしても「持続可能な低炭素・脱炭素都市の実現」、「持続可能な資源利用の実現」、「水・緑・生物多様性に配慮した快適な都市環境の実現」、「人権・労働慣行等に配慮した社会の実現」、「持続可能な社会に向けた参加・協働」が明記されている。

しかし、ロンドン、リオデジャネイロ五輪でのサスティナビリティの取組み(以下図3)と比較するとかなり遅れている。相当努力しないとレガシーとして残るのか、微妙だと言わざるを得ない

画像を見る
▲図3 サスティナビリティの取組み *西村作成

それは木材。新国立競技場建設において、環境破壊や人権侵害の疑いのある熱帯材(マレーシア・サラワク州の、面積が減少しつつある熱帯原生林で違法伐採されたもの)を使用したと環境NGOから批判を受けたのだ。

画像を見る
▲写真 マレーシア ボルネ オサバ州で、大規模なアブラヤシプランテーション開発により浸食される熱帯雨林 Photo by T. R. Shankar Raman

サラワク州の伐採業者シンヤン社は貴重な原生林を組織的に伐採し、先住民族の人権侵害につながっている疑いがある。そもそも、日本は世界最大の熱帯合板の輸入国であり、日本の輸入合板の約9割はマレーシアとインドネシアから輸入している。(2016年木材輸入実績)建設現場で使われるコンクリートパネル用の合板の大半はマレーシアのサラワク州から供給され、合板はいかなる持続可能性基準も満たしてはいないとされる。

しかし、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は「持続可能性に配慮した木材の調達基準」を制定し、使用木材については、「実現可能性を確保するために木材貿易の実際のビジネス慣行を考慮」すると説明。NGOの懸念に対してきちんと対応できていない。そして、この問題、先住民族リーダーが日本の安倍首相に嘆願という事態になっている。

持続可能性とか、国際基準とか、サプライチェーン、人権侵害とか、この国は国際的な基準などにおいては先進国とは言えないから仕方ない。

3.11から7年、7万人の避難生活者。「復興五輪」の意味についても意味付けできていない。正念場だろう。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  4. 4

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  7. 7

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  8. 8

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  9. 9

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    橋下徹氏「国立大学は甘えすぎ」

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。