記事

何のための東京五輪?その3 真の復興五輪たれ 東京都長期ビジョンを読み解く!その59

1/2
©Tokyo 2020

西村健(NPO法人日本公共利益研究所代表)

【まとめ】

・結果オーライじゃない五輪を。レガシーはどこまで議論されたのか?

・サスティナビリティ五輪からもほど遠い。

・3.11から7年。復興五輪の理念はどこにいったのか?

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記載されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=39072で記事をお読みください。】 

■ 五輪の意義・価値

現代オリンピックの精神は人生哲学であり、肉体と意志と知性の資質を高めて融合させ、均衡のとれた総体としての人間を目指すものだそうだ。人間の尊厳保持に重きを置いた、平和な社会を推進することにもある。

しかし、この精神は理解されているのだろうかと疑問になることも多い。日本社会や国民が想定している東京五輪の意義・価値というと・・・・

・施設・道路交通インフラなどの整備・更新 

・都市開発(湾岸エリア、競技施設周辺)

・経済効果・雇用増加(事前の土木・建設、イベント・PR/広告宣 伝、観光、スポーツ関連産業など)

・国内の盛り上がり、国威発揚、ナショナリズム高揚

・スポーツ振興・関心増大

・文化振興・国際交流

・コーチや選手育成システムへの称賛、故郷に錦を飾るお話

・お涙頂戴ストーリーでの全国民の感動

といったものだろう。精神的なもの、理念的なものを考えるのは苦手な国民だが、それにしても、「価値」について、評論家や有識者から問題提起も少ない。「盛り上がり」空気至上主義と言ったら言い過ぎだろうか。

それは仕方ないことかもしれない。しかし、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会はまっとうな大会ビジョンを掲げている。それは「スポーツには世界と未来を変える力がある」ということ、そして、「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」という3つの基本コンセプトを掲げている(以下図1)。

画像を見る
▲図1 大会ビジョン

この理念は本当に素晴らしい。世界と未来を変える力としては、子供の夢、協力・チームワーク、健康、努力の尊さ、競技の高度な技術、人材育成、人の交流などなどスポーツの力がある(参照)。しかし、そうしたことは語られていない。そして、その理念がどのように具体的な活動や内容に反映されるのか、そして、言語化されて価値として人々が受け入れるか、社会に定着していくのか、も明らかになっていない。

画像を見る
▲写真 建設中の国立競技場 2018年2月 Photo by 晴耕雨読 @黄昏の番犬 さん

■ 結果オーライじゃない五輪を。どこまで議論されたレガシー?

レガシー、つまり、遺産。

アクション&レガシープランによると、2020年大会は「東京・日本がオリンピック・パラリンピックとどう向き合うか」、そして「復興に寄せられた世界中からの支援にどう感謝の意を示すか」「スポーツが復興・社会に寄与する姿をどう発信するか」等が問われるそうだ。

結果オーライではなく、早い段階から、東京2020大会を、東京・日本にとってどのような意義のある大会とするのか考えていく必要があるのではないか」(P6)という問題意識が記載されている。まさにそう。本当に素晴らしい。

「できるだけ多くの人が参画し、多くの分野で東京2020大会がきっかけとなって変わったと言われるような、広がりのある大会となるようにする」という記載にも賛同する。レガシーを1つ取り出し、細かく見てみよう。

画像を見る
▲図2 レガシー「スポーツの力でみんなが輝く社会」(P28)

:誰もがスポーツを「する・観る・支える」社会に向けたレガシー:

「スポーツ参画人口が拡大」「『スポーツ』関連の産業分野が振興」「健康な人が増加」

:アスリートが活躍する社会に向けたレガシー:

「アスリートの『総合力』が向上」「競技(スポーツ界)以外で社会の様々な場で幅広く活躍」「スポーツ・インテグリティ(スポーツの高潔性)保護の認識や取組が向上」

:パラリンピックを契機とした共生社会に向けたレガシー:

「障がい者スポーツに対する認知度が飛躍的に向上し、ファンや支え手となる人が増加」「障がいのある人もない人も、身近な地域で日常的にスポーツに親しむことのできる環境整備が進展」「障がい者への理解が深まり、ハード面のバリアフリー化だけでなく、『心のバリアフリー』が浸透し、共生社会の礎を形成」

レガシー「スポーツの力でみんなが輝く社会」は3つのレガシーから構成されるようだ。前回東京五輪の「ハード」と比較して「ソフト」のレガシーなのだろう。しかし、全く意味不明だ。

単なる政策目標や事業成果みたいなものが並んでいて、中には「飛躍的に向上」とか希望的観測の文言もある。共通の価値観・理念、スポーツの価値や意味が語られていない。さらに、価値観的な文言がみられるが、国民栄誉賞のレジェンドがパワハラにあっているという内閣府への告発があったり、“国技”の相撲で横綱が引退せざるをえない暴力事件が起きたり、そんな事態が多発する日本のスポーツ界の現状で、「スポーツの高潔性」という言葉はむなしく響くだけだろう。

その他のレガシーを見ても、レガシーがどこまで議論されているのだろうか疑問である。今からでも遅くない、国民的対話・議論をすべきだと個人的には思う。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  4. 4

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    センター試験監督「憂鬱の極み」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    人を傷つけないROLAND名言に支持

    NEWSポストセブン

  8. 8

    元自衛官 海自の中東派遣に疑問

    佐藤正久

  9. 9

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  10. 10

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。