記事

五味洋治『朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか』

1/2

 ちょうど一年前くらいに書いた記事の通りで、今ぼくが自分の中で一番大きな心配をしているのが米朝の衝突である。そのことはこの1年間変わらなかった。*1

http://d.hatena.ne.jp/kamiyakenkyujo/20170417/1492360721

 九州に住んでいる、そして日米安保条約下の日本に住んでいるぼくとしては、戦争に巻き込まれる危険を強く感じた1年であった。

 奇しくも1月に発表された内閣府の調査でも

現在の世界の情勢から考えて日本が戦争を仕掛けられたり戦争に巻き込まれたりする危険があると思うか聞いたところ、「危険がある」とする者の割合が85.5%(「危険がある」38.0%+「どちらかといえば危険がある」47.5%)、「危険はない」とする者の割合が10.7%(「どちらかといえば危険がない」8.1%+「危険はない」2.5%)となっている。

https://survey.gov-online.go.jp/h29/h29-bouei/2-6.html

ということが鮮明になった。

 興味深かったのは、巻き込まれる理由として「日米安全保障条約があるから」をあげた人が16.4%もあったことだった。昨年度は12.9%だから上昇している。

 ぼくが前の記事で書いた、そして一貫して主張していることでもある。

日本が不条理に着上陸侵攻されるわけでもない事態なのに、日米安保条約があることによって、日本が米軍の戦争に巻き込まれ、軍事攻撃を受けるリスクにさらされている

http://d.hatena.ne.jp/kamiyakenkyujo/20170417/1492360721

 だから、米朝が直接対話をする方向に傾いたことは心から歓迎している。戦争以外にはそれしか解決方法がないのだもの。

朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか (「戦後再発見」双書7)

朝鮮戦争の継続、そのもとでの日米安保として現在の朝鮮危機をとらえる

 さて本書である。

 タイトル『朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか』が示す通り、現在の北朝鮮をめぐる緊張を、朝鮮戦争の継続、そして朝鮮戦争を直接の原因として作られた日米安保体制のもとでの日本の位置、という構図から考えている

 小学生の娘のクラスでは「北朝鮮の無法」は同級生の間のジョークになるほど浸透しているし、この前娘の「2分の1成人式」とやらに行ったときには、ある男の子が将来の夢としてミサイルを防げるロボットの開発者になりたいという作文を読んでいた。*2

 テレビだけから情報を得ている人の頭の中が拡大辞で反映されているようで興味深かった。

 すなわち「北の狂気じみた無法」という側面だけがそこにある。

 むろん、北朝鮮の核開発は国際法を無視したものであることは疑いない。

 しかし、いま朝鮮戦争がただ「休戦」しているだけで、法的には継続していて、日本はその一方の当事者の側に立って事実上の兵站を担い、米側は北朝鮮のすぐ南の韓国に軍隊を駐留させ、北朝鮮の近くで軍事演習という示威をして続けている、という構図の中でとらえなければ、問題の解決には近づけない。

 本書は、その構図の「そもそも」のところから、ぼくようなシロートにもわかるように問題を解き明かしている。

 ぼくは、前の記事で、

 横田の米軍基地には、国連旗が掲げられている。

 休戦状態にあるが、横田にいる「朝鮮国連軍」は事実上の米軍であり、形式の上では、いまなお北朝鮮と戦争をしている当事者の基地なのである。

http://d.hatena.ne.jp/kamiyakenkyujo/20170417/1492360721

と書いたけども、「朝鮮国連軍」の存在に本書は問題を解く鍵を見ている。

なぜ北朝鮮は休戦協定を結んだ相手の国連ではなく、アメリカを相手に、休戦協定を平和協定に切りかえるよう求めているのでしょうか。(五味p.234)

 そして五味自身は、この問いをあまり深く考えたことはなく、

朝鮮国連軍の主体が米軍だからだろうという程度の理解でした(同前)

という認識を吐露し、自省をしている。

 「朝鮮国連軍の主体が米軍だからだろう」ということでないとすれば、一体なぜなのか。

 そこに働く北朝鮮という国のロジックを平易に、五味は記している。どのようなロジックであるかは、実際に本書を読んでほしいのだが、本書を読むと北朝鮮という国がかなり理屈っぽい国であることを感じる。ただの「狂犬国家」だという認識でいると、間違う。

 五味は、逆に、アメリカがこれまで朝鮮国連軍を解体せずに、韓国に駐留し続けてきた理由についても考察している。そして、朝鮮国連軍の解体を思い切って提案する。

 今日のニュースで米朝会談を前にして、北朝鮮側が「在韓米軍の無条件撤収」を改めて主張したことが報じられていた。

北朝鮮の国営メディアは、韓国に駐留するアメリカ軍について、「南の人民が願うのは、朝鮮半島の平和を脅かすアメリカ軍の無条件撤収だ」と主張し、ことし5月までに開かれる見通しの米朝首脳会談を前に、従来の立場を改めて示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180314/k10011364961000.html

 「在韓米軍の撤収」と「朝鮮国連軍の解体」は別の要求である。

 だとすれば、在韓米軍の撤収を主張しつつ、朝鮮国連軍の解体を落とし所にして平和協定を結ぶということもあるのかもしれない。まあ、それは門外漢の、なんの根拠もない、床屋政談の域を出ない雑談であるが。

 ただ、それでも、ぼくらは「北朝鮮の無法」という一面だけでなく、あくまで「朝鮮戦争の継続」という構図の中でこの緊張に接しているのだということは忘れるべきではない。

あわせて読みたい

「朝鮮戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ザギトワを追い込んだロシアの闇

    WEDGE Infinity

  2. 2

    無印敗訴 偽物が勝つ中国に懸念

    岩田温

  3. 3

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  4. 4

    ブラタモリの余計な演出に興ざめ

    メディアゴン

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

  6. 6

    日本へ歩み寄る韓国 背景に民意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    日本の情緒的な石炭維持論は問題

    鈴木馨祐

  8. 8

    よしのり氏「化石賞」報道に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    日本は最も成功した社会主義国

    自由人

  10. 10

    秋山パロ動画に抗議「侮辱行為」

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。