記事

「エスカレーター、片側を開けないのが正しい」は正しいか?〜「危険」を考える ( 事故 )

2/2
危険とは何か?
しかし今、われわれの日常生活の中に染みこんだこのエスカレーターの使い分けが危険性という前提の下に否定されようとしている。なぜか?。実は危険性という言葉自体にも巧妙なトリック=すりかえが隠されている。

前述したようにエスカレーター以上に危険なものは山ほどある。例えば電車のプラットフォームや自転車の右側運転は、ある意味エスカレーターよりも遙かに危険だ。前者はすぐ目の前をものすごいスピードで列車が駆け抜けるし、後者は歩行者の危険度をアップする(実際、事故が多発している)。ところが、これらについてはほとんど指摘されない。

その理由は二つ考えられるだろう。一つは費用的な問題。プラットホームにホームドアと呼ばれる自動開閉式の落下防止ドアを設けるためには膨大な費用がかかる(ホームひとつあたり10億円程度)。現状ではたとえば飛び込み自殺によってダイヤが混乱するほうが経費的に安く済む。自転車の取り締まりも同様だ。「赤信号、みんなで渡れば怖くない」ではないが、自転車に関する交通法規を無視している利用者はとんでもない数に上る。

これを厳しく取り締まろうとするならば膨大な数の警官を増員しなければならないし、利用者への徹底した教育システムも用意する必要がある(教育に関しては、現状では自動車免許書き換え時に自転車法規遵守を促す簡略なビデオを見せる程度)。だからスルーするのだ。一方、エスカレーター問題はこれらに比べれば遙かに少ない経費で可能。メディアでキャンペーンし、世論を形成すればよいだけだ。だから「危険」のカテゴリーとして取り上げられるのだ。

もう一つは責任性に関する問題。プラットホームの飛び込みも、自転車右側通行も、一旦事件が発生した際には当事者、すなわち飛び込んだ人間と自転車運転者側に責任が発生する。原則、鉄道会社、そして管理する警察と自転車メーカー側に責任が及ぶことはない。つまり利用者の自己責任。

一方、エスカレーターの場合、ひとたび事故が起これば利用者ではなく設置者・管理者側に責任性が発生する可能性がある。アメリカ並みに訴訟社会化しつつある日本ではこのリスクは年々高まっている。そこで、こうしたリスク回避のために現状のエスカレーター利用法を「危険」とするのだ。何のことはない、施設を用意する側の都合で危険(この危険を「リスク」と呼ぶことにしよう)が設定されているである。

「危険」という言葉の危険性

そういえばディズニーランドが朝オープンする時、パーク内に入るとキャスト(従業員)が必ず「走らないでゆっくりとお進みください」という言葉を連呼していることを思い出した。しかし、多くのゲスト(入場者)は、そんなことは無視だ。誰も物理的に制止されることがないことを知っているからだ(そんなことよりファストパスをいち早く抜くことが重要だ)。でも、それでよいのである。

ディズニーランドがこの一声をかけた瞬間、万が一、そこでゲストが転倒しケガをしたとしても、制止を促していた事実が担保になり、運営側のリスクが回避されるからだ。この一言は要するには「運営側は責任を取りましたよ。ケガの場合は自己責任」というメタメッセージに他ならない。そしてこの声がけ、早く中に入りたいゲストにとっても運営するディズニー(オリエンタルランド)側のリスク回避にとっても好都合、いいかえれば双方の目的にとって科学的かつ合理的なのである。

エスカレーター利用法変更促し問題は、結局のところ「危険とは何か」についての存在論的問いをわれわれに投げかける。「危険」という言葉をメディアや権力者、あるいは社会運動を行っている側が発するとき、われわれは一度、この危険認識がどのような立ち位置に基づいているかをよくよく考えるべきだろう。得てして危険は「利用者」ではなく「設置者・運営者」に配慮して設定されている。つまり「危険回避」ならぬ「リスク回避」。

「危険」という言葉。実はかなり「危険な言葉」なのだ。

あわせて読みたい

「エスカレーター」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  3. 3

    元慰安婦団はなぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  8. 8

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  9. 9

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  10. 10

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。