記事

高プロが「現代の奴隷制」である理由――毎日24時間労働で過労死しても自己責任

2/2
 安倍首相は、こんな制度の創設が、あたかも皆さんのためになるかのように、「柔軟な働き方」を労働者が選択できるかのように言っていますが、安倍政権の言う「柔軟な働き方」はくせ者です。私たちは日々の生体リズムを守らないと健康に暮らしていけません。ところが、安倍政権は、高度プロなら、繁忙期には24時間連続休憩なしでも働き、暇なときまとめて休めと言っているわけです。

 労働者が自由に時間をコントロールできるかのように言っておきながら、実は業務量や納期などについてコントロールする権限は、労働者にはない。結果的に、高度プロが適用されたら、業務がどんどん与えられ、時間の自由は実質的に奪われます。きょうは午後3時にあがります、などと言えば、追加業務を命令される。それでも違法ではないのです。結果的に、長時間働かなければならない状態に追い込まれ、自由を失っていくのは火を見るよりも明らかです。

 まさにこれが過労死、過労自殺を生む構造であり、今も問題が起きています。これが高度プロとなると、企業側が責任を逃れられる制度として活用されるおそれがあります。なぜかというと、過労死、過労自殺に追い込まれた労働者に対して、企業側は厳密な労働時間管理などせず、「法令上の健康確保措置は行った。本人は自ら同意して高度プロフェッショナルとして働いたのだから労働者に責任がある」と、過労死を労働者の自己責任に転嫁できるからです。定額働かせ放題にできること、それから過労死しても労働者の自己責任にしてしまえること。これが高度プロフェッショナル制度の狙いです。

 「高度プロフェッショナル」と言われると、自分には関係ないと思ってしまうかもしれません。しかし、そうではなくて普通の労働者がターゲットであることを知ってもらいたいと思います。今回の法案では、支払い見込み賃金額が年間あたりで毎月勤労統計の平均値の3倍を「相当程度上回る額」と書いています。法案にはありませんが、政府は年収1075万円の労働者に適用すると言っています。しかし、これは現在の年収が1000万円以上の人が対象ということではありません。

 年収500~600万円ぐらいの人が連日深夜まで働いてきちんと残業代が出れば1000万円ぐらいになるわけで、そういう人を制度創設時の対象として考えているということです。しかも有期雇用でも適用可能と言っていますから、「1カ月90万円払うから24時間寝ずに働け」という使い方が可能です。「本人同意」が要件だから、断ればいいと思うかもしれませんが、有期契約で働く人が、次の契約更新をして欲しかったら無理を言われても働かざるを得ないという状況があります。

 しかも経団連は労働者の年収要件を下げろと要求しています。年収400万円・係長クラスも労働時間規制の適用除外で働くべきという政策を掲げているのです。「小さく産んで、大きく育てる」これが、財界と政府の合言葉であり、高度プロフェッショナル制度の狙いは、財界ぐるみで労働基準法をぶっ壊すことにあります。安倍首相の言う「ドリルの刃となり岩盤規制を打ち破る」という本当の意味は「現代の奴隷制」をつくるということです。「長時間労働を是正する」とか「過労死の悲劇を二度と繰り返さない」など、どの口が言う?と思います。

 ワタミ創業者の渡辺美樹自民党議員が過労死遺族の会の方に「働くのは悪いことか」「週休7日が幸せなのか」などとんでもない質疑をしました。過労死遺族の方々の「過労死するような働かせ方はやめるべき」という切実でささやかな主張を、そこまでねじ曲げなければ、安倍政権の政策を正当化できない。そこまで「働き方改革」は論理破綻しているし、追い込まれているとも思います。

 ぜひ、みなさんの怒りの声をぶつけて、高度プロフェッショナル制度などを撤回させましょう。(わたしの仕事8時間プロジェクト・伊藤圭一[全労連雇用・労働法制局長])

▼伊藤圭一さんの訴えを視聴することができます。

あわせて読みたい

「高度プロフェッショナル制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  3. 3

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  10. 10

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。