記事

海外では海外では〜「海外出羽守」の批判者も発信者も気をつけたいこと。

1/2

海外出羽守とは?

海外出羽守(かいがいでわのかみ)とは、「〜の国では」と何かにつけて海外の事例を引き合いに出して語る人のことです。

ぼく自身、ヨーロッパに住んで学問的にも、時にはただの雑感としても多くの海外事例を紹介してきました。しかし時に、紹介の仕方を丁寧にやらないとそれは根無し草の安全な所からの「高みの見物」のような印象を与えてしまうことがあります。そのような発言を批判して、「アンチ海外出羽」のような批判者がネットの言論空間で多くいることも事実です。

改めて「海外出羽守」の発信者も、さらにその批判者も気をつけたいことをまとめます。

無責任な海外出羽守にはなりたくない

北欧研究をしている身としての、ぼくのスタンスは「無責任な海外の出羽守にはなりたくない」で、これはスウェーデンに渡る前からずっと思っていたことです。何せもともとスウェーデンのことはとくに国としてたいして興味があったわけでもなく、それよりか若者支援の活動で忙しかったので、北欧に渡るとしても「実践に活かせることは何か?」ということしか考えていませんでしたから。

なので、「マクロ」な話や海外の事例を聞いているときはこう思っていました。(以下、4年前のツイート)

しかし、実際に海外にいくとそういう人に会うんです。留学生も含めて、そういう人に限って「日本では〜!」と主語を大きくする。飲み会の席の話なら別にいいんですけどね。。。

なぜ海外出羽守と認定されたのか?

今回この記事を書こうと思ったのは、そんな僕が「海外出羽守」として認定されたからです。きっかけはこちらのニュージーランド在住のマーディーさんに寄せられた質問。

こちらの質問の以下の部分。

残念なことに、他の海外在住者の中には、自分の在住国を持ち上げて日本をディスることでしか存在感を示せない人も多いような気がします。特にヨーロッパ、スウェーデンやドイツの在住者にその傾向が顕著です。例えば、スウェーデンの若者は立派だ、とか、ドイツの環境政策はすばらしい、とか。海外に住んでまで、ツイートでわざわざ日本を批判することに力を注ぐのは、本末転倒です。

|Peing 

明らかにぼくのことを指していますね…。そもそもスウェーデンの若者研究やっている人少ないので。

というわけで以下、僕からの怒涛の回答です。

(以下、このツイートからの引用ですが、読みやすさを考えてテキストだけここに貼りつけ&編集してお届けします)

では毎回「海外事例は、背景・文脈が異なるので簡単な導入はできない」をツイートすればいいのでしょうか?そうであるなら、海外に限らず国内の事例紹介でさえも前置きがいちいち長くなります。一方で発信者側は常にこれを意識して複眼的な視点でコンテンツを練る必要はあります。

極端な「海外出羽守」もそれを一面的に切り取って批判する人も、どちらも「わかりやすさ」に逃げてはいけません。白黒ハッキリしないのが世の常だからです。

関連記事:「アンチ」を乗り越え「グレー」であることを恐れない。情報がジャンク化した時代の民主主義

しかし、Twitterのつぶやきは長文・曖昧さを嫌うのでこれがやりにくいのです。これはメディア(媒体)の性質に規定されて言論が極端に表出していることの表れです。だから、ツイート自体は「出羽守』っぽくても、ツイートの真意はそんな「極端」ではなく、むしろ何かしらの「想い」(良いも悪いも)があるんだろうなと察して読解する必要があるでしょう。本当は日本好きでつぶやいてるのかもしれませんし。

あわせて読みたい

「海外移住」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  6. 6

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  7. 7

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  8. 8

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。