記事

安倍昭恵首相夫人を証人喚問したって何も出てこないよ、という問題ではない。安倍氏夫妻の政治の私物化を許すのかという問題だ

 安倍自民党は、佐川前理財局長の喚問には応じると言いながら、その日程の決定は先送りしています。太田現理財局長は、森友学園に関する決裁文書の改ざんでは佐川氏も認識していたと答弁しています。

 安倍氏、麻生氏は、知らんという姿勢を崩していません。もちろん知っていたなんて言うくらいなら、内閣総辞職もセットでしょう。佐川氏にすべての責任を押し付けて沈静化を図ろうというのですが、もはやその手段は通用しません。

 多くの国民は、安倍氏が改ざんについての責任があると思っています。その責任の内容については軽重、様々でしょうが、安倍氏が知らないと言って通用する次元ではなくなったということです。

 安保関連法などの強行採決によって支持率を急減させたときとは違います。そういった理由での支持離れであればまだアベノミクスに幻想を抱いている層などはほとぼりが冷めればまた安倍支持しに復帰しますが、今回の問題は、行政を歪め、特定の「お友達」に対するとてつもないえこひいきの問題だからです。

 さて、ことの真相解明のためには佐川氏のみならず、安倍昭恵首相夫人の証人喚問は不可欠です。安倍応援団からは、安倍昭恵首相夫人を喚問しても何も出てこない、だから意味がないと言われています。果たして本当に意味がないのでしょうか。

 もちろん決定的な証拠があれば、それを公表することになります。しかし、その場合でも当人の口から説明させる必要はあります。安倍内閣が総辞職したからといって免罪されるものではありません。

 そのような「決定的証拠」がなかろうと、安倍昭恵首相夫人は国会で証言させなければなりません。数々の疑問に対して、安倍昭恵首相夫人はどのように説明するのかということが問われているからです。

 同時に安倍昭恵首相夫人の付き人であった谷査恵子氏(現在、イタリア大使館一等書記官に栄転)に対する証人喚問も必要不可欠です。何故、近畿財務局に問い合わせをしたのか、それだけなのか、ご本人の口から説明してもらわなければならないからです。

 それから一番、重要なのは現在、与党、野党間で質問時間の配分において、与党自民党側が議席数に応じて質問時間の配分を要求し、現状において従来の慣行よりも野党の質問時間を短くしてしまっていることは大問題です。

 与党自民党には自浄能力はありません。この森友学園、加計学園、強姦被疑事件強制捜査妨害のそれぞれの疑惑について、与党自民党内から全く真相を解明せよという声が上がってきていないどころか、西田昌司議員のように「佐川事件」などといって全ての責任を佐川氏に押し付けようとしているからです。

 このような自民党にいくら質問時間を与えても全く意味がありません。滑稽レベルのヨイショ質問しかしないでしょうから、それはそれであざ笑いの対象にはなりますが、時間の無駄です。

 結局、青山繁晴氏や平井卓也氏は今、どんな心境でしょう。今でもヨイショ質問が正しかったと思っているのでしょうか。
青山繁晴議員の前川前事務次官への質問が滑稽すぎる 安倍総理はまだ逃げるのか

 和田政宗氏は、相変わらずです。本当にひどいレベルの人です。与党に質問時間を多めに配分しても意味がないでは済まないくらい、ひどいレベルです。
閉会中審査 話をそらす前川氏」(ブロゴスより)
自民・和田氏「政権おとしめるためか」 太田理財局長に」(朝日新聞2018年3月19日)
「自民党の和田政宗氏が、民主党政権で首相秘書官だった太田充理財局長に「安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているのか」と詰め寄る一幕があった。」
 それから時間の配分だけの問題でもありません。しっかりと野党各党が質問ができるだけの時間を確保することです。これは国会の役割です。実際に質問するのは野党議員になりますが、本来的には国会に与えられた役割であり責務です。それを与党自民党は放棄している無責任極まるのですから、野党にしっかりとした時間を確保するのは当たり前のことです。

 安倍昭恵首相夫人はこれまでも付き人が5人も配属されていたというように政権内では特別扱いがなされていたことも周知の事実です。

 私が、安倍昭恵氏を表記するにあたって、「安倍昭恵首相夫人」としているのも安倍昭恵氏がその地位があることを最大限に利用しているからです。付き人を介して近畿財務局に照会することなどもはや首相夫人の地位でなければできないことです。森友学園の名誉校長に就任したのも同様です。

この夫婦に日本の行政が私物化されてきたのだ
[画像をブログで見る]

 何故、ここまで安倍昭恵首相夫人が特別扱いされてきたのか、ということも遡って解明される必要があります。政権は口を閉ざしたままです。これを「アッキード事件」と言われているのにはこのように理由があります。山本太郎さんがこの言葉を口にしたとき、安倍氏が血相を変えて噛みついていましたが、森友学園ではまさに安倍昭恵首相夫人こそが主役であることは明らかでしょう。

 安倍昭恵首相夫人だけが特別扱いされているとすれば、それはとりもなおさず安倍氏の意向が働いているからです。安倍昭恵首相夫人以上に強い影響力を及ぼすことができているからです。首相夫人が勝手気ままに我が儘に振る舞っていた、という次元を超えてしまっているのです。

 時折、親族が勝手にやっていたという言い訳、特に「妻が~」という政治家は多数いましたが、今回ばかりはその妻が主役になってしまっているので、「佐川が~」と言わざるを得なくなり、崖っぷちなのです。

 もう「佐川が~」でも通用しなくなるのは時間の問題であり、森友学園問題についていえば、安倍昭恵首相夫人に関わる人たちすべてを喚問し、真相が明らかにされなければならないことです。

 それがまた他の加計学園疑惑、強姦被疑事件強制捜査妨害疑惑の真相解明の第一歩でもあります。日本の政治が安倍氏夫妻によってここまで私物化されてしまっているのです。曖昧にすることなど許されようはずもありません。

 安倍昭恵首相夫人を喚問しても意味がないと言っている人たちは、何とか安倍政権を守ろうとするだけの安倍応援団にすぎず、このような主張に惑わされないように注意しましょう。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  6. 6

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。