記事
  • Dain
  • 2011年07月16日 11:22

「10代の子をもつ親が知っておきたいこと」はスゴ本

1/2
リンク先を見る あと数年で思春期にさしかかる。「なってから」読むのでは遅い。だから、「なる前に」やれる準備はしておこう。そのための心強い一冊となった。一読、「思春期の親業」に自信がつく、スゴ本というよりも、心構えをつくる本。

 もちろんマニュアル世代ですが何か? こういう手引き本というかマニュアル本を良しとしない人がいる。だが、むしろ先達の経験+専門家の知識を短期間で吸収できる。あたって砕けろ的な現場主義はいただけない。本で練習して、実地に適用する。教本ばかりも情けないが(ビジネス書フェチの畳上水練)、選んで読んで、実践とフィードバックをしていこう。

 思春期のポイントは2つ、「自尊心」「コミュニケーション力」を育てること。「自尊心」とは、そのままの自分の存在を肯定する気持ちのこと。「コミュニケーション力」は気持ちを分かりやすく伝えることで、他者とのつながりを深めたり、求めるものを得る能力のこと。両者は密接な関係にあるという。自尊心が低いと、「どうせ誰も自分のことなど聞いてくれない」と思い込んでコミュ力も低下するが、反対にコミュ力を通じて相手とのつながりを感じると自尊心が育つそうな。そして本書の目的は、その具体的な育て方にある。

 このエントリでは、受け取ったものをいったん咀嚼して自分向けに"まとめ"直している。

 まず、著者の姿勢が潔いというか謙虚だ。著者自身も10代の子を持つ母親。だから親の不完全さはよく分かっており、本書を「こうすべき」と読まないでと釘を刺す。ありがちな「親の不安を煽って売ろうとする育児書」とは一線を画している。そして、彼女の基本スタンスはこうだ。

  変えられるものは、変える
  変えられないものは、折り合い方を考える

 ラインホルト・ニーバーのコレを思い出す。

  神よ願わくは我に与えたまえ
  変えられるものを変える勇気を
  変えられないことを受け入れる忍耐を
  そして、その二つを見分ける知恵を

 本書はその「知恵」を、クロニンジャーの7因子モデルで紹介する。

 つまりこうだ。遺伝的な影響を強く受ける4因子(冒険好き、心配性、人情家、ねばり強さ)と、環境的に作られる3因子(自尊心、協調性、精神性)が、その人となりを作り上げる。変えられない「性格」を受け入れて折り合いをつけ、変えられる要素を意識して補強する。

 たとえば「ねばり強さ」、これは後から訓練して身につくものではない。だから、「どうしてコツコツやれないんだ!」「なんでガマンが足りないの!」となどと怒ることの無意味さに気づけという。代わりにこう考えておくのだ。「ねばり強くないほうだから、ねばり強さが要求されることは避けておこう。コツコツやらねばならないときは、特別な工夫をしよう」というのだ。

リンク先を見る そして、後天的な影響を受けるのが「自尊心」。これを育むためには、親はどう対応するのか。エマソンの「自己信頼」(Self-Reliance)を思い出す[レビュー]。自分の考えを徹底的に信じて、付和雷同せず、自己をよりどころとして生きろ、というのだ。梅田望夫「自分を信じろ、好きを貫け」や、カミナ「お前を信じろ。俺が信じるお前じゃねぇ。お前が信じる俺でもねえ。お前が信じる、お前を信じろ」でずいぶん勇気付けられてきたが、子どもにどう教える?天元突破グレンラガンでも見せるかw

 著者は「子どもにとって安全な環境」と「一貫性」が重要だと説く。安全な環境とは、「自分が何を言っても、批判・評価せず、とにかく聞いてくれる環境」のこと。そして、「一貫性」とは、親が突然キレたりすることなく、自分が続ける限りコミュニケーションが続くことだという。

 それには、まず子どもの感情を否定するなという。感情とは痛みのような身体感覚と同じく、本来は自分を守るための防御能力だという。感情によって状況の意味を理解し、自分に何が起こっているかを知ることができるという。だから、味わうべき感情は味わい、必要なら状況を変えろという。

 たとえば、「怒り」などネガティブな感情を否定し、押さえ込んだり無かったことにするような対応はご法度だという。怒りを感じるのは人間として未熟だということではなく、その怒りをどう扱うかが成熟度によって左右されるのだ。どんな感情であっても、本人がそう感じた以上、すべての「感情」は正しい。その表わし方や伝え方に上手下手、未熟成熟はあるが、それこそトレーニング次第だろうな。

リンク先を見る いわゆる「キレる子」は、伝え方こそ極めてつたないが、きっと何か伝えたいことがあったのだろう、という前提に立てという。本当は何を伝えたかったのかを聞いて、その後に「キレる」コミュニケーション効率の悪さを認識させるのだ。「女の子が幸せになる子育て」で知ったアドバイスを思い出す[レビュー]

  「なぜ、そんなことをしたのか?」
   と問い詰めるのではなく、
  「本当は、どうしたかったの?」
   と受けとめる

 この姿勢は本書のなかでくりかえされる。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。