記事

テレ東『池の水』レギュラー決定で心配な賛否両論のあの問題

image

池の水を抜くだけの異色企画で話題となっているテレビ東京系のドキュメントバラエティ番組「池の水ぜんぶ抜く大作戦」が、4月からレギュラー放送されると決定した。

同番組は田村淳(44)とココリコ・田中直樹(46)がMCを務め、昨年1月に不定期特番としてスタート。回を重ねるごとに話題を集め、視聴率もアップ。今年1月2日放送回は各局強力な正月特番が並ぶなか、13.5%の過去最高視聴率を記録。今月11日放送回も9.1%を記録していた。

「テレ東としてはここ最近で最大のヒット企画です。先日、同番組が受賞した式典の授賞式に出席した際、田中さんは『番組の話を頂いたとき、企画書は紙切れ1枚。たぶん半分も埋まっていなかった』と明かして笑わせていました」(芸能記者)

何といっても、番組の魅力はそのシンプルな作業過程だろう。

(1)池の水を下水道などに流し魚や水の生物を動けなくする (2)その中から、外来種の動物や生物を食い荒らす特定外来生物を捕獲・駆除 (3)数日間、池を干上がらせてヘドロから窒素を排出。綺麗な水を入れる

大まかにはこれだけだが、ここに来て作業過程に“物言い”がついてしまっているのだ。

「11日の放送回は、岐阜県羽島郡笠松町の木曽川河畔のトンボ池でした。そこで目的の外来魚駆除の際に主催者側の対応が十分でなく、在来魚が大量死した様子がネット上に投稿され話題になったのです。それを受けた地元メディアが、専門家の意見などが入った記事を掲載。ネット上で賛否両論が巻き起こっています。イケイケの番組に“物言い”がつくことはよくあることですが……」(テレビ局関係者)

今後、同局がこの意見をどう受け止めるかが注目される。

あわせて読みたい

「バラエティ番組」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。