記事

「野球クジ」でスポーツ振興より「野球界」自ら再生努力せよ - 小林信也

1/2
[画像をブログで見る]

 2015年、超党派で作るスポーツ議員連盟が唐突に野球クジ導入を提案し始めたとき、野球界は否定的、実現はないだろうという空気が大勢だった。実際このときは、全球団によるオーナー会議で野球クジ導入が否決されている。何しろ、巨人の現役選手だった笠原将生投手らが、野球賭博に関与していた事実が発覚し、「無期失格」処分を受けてまもない時期でもあった。

 それでなくても野球界は、『黒い霧事件』(1969年~1971年)という衝撃的な教訓を抱えている。複数の選手が八百長に関与し、永久追放処分などを受けた事件。以来、球界は賭博および反社会勢力との関わりを厳しく戒め、遠ざけてきたのだ。

 ところがつい先日、「野球クジが2020年春にも導入される見込み」「12球団はおおむね了承。特に反対する球団はない」とのニュースが流れた。どうやら2017年5月、スポーツ議員連盟の一員でもある遠藤利明元五輪相が、NPB(日本野球機構)に再検討を要請、水面下で検討を重ねていたNPBは、「導入」に舵を切ったらしい。NPBが積極的に受け入れる姿勢に転じれば、野球クジ実現への動きは一気に加速する可能性が高い。

 そんなバカなことがあるだろうか。

 喉元過ぎれば熱さを忘れるというが、賭博はもとより、金銭のやりとりを伴う行為を徹底排除すると決めたNPBが、わずか2年あまりで「賭けに加担する」。それを不自然に思わないほうがおかしい。

年間30億円の見込み

 一体なぜ、NPBは野球クジに反対しなかったのか。 

 新聞などの報道を総合すると、1つは昨年11月に就任したNPB新コミッショナー・斉藤惇氏の意向。野村證券副社長、日本取引所グループCEO(最高経営責任者)といった経歴を持つ金融マンの斉藤氏は、野球振興に力を注ぐ方針を打ち出し、そのための財源確保を課題に挙げている。いまNPBは、野球振興費として年間1億円を充てているが、「その費用があと2年で底をつく」と報じられ、しかし、「野球クジを導入すれば、年間30億円はNPBに還元されるだろう」との見込みがあるのだという。

 驚いたことに、球界関係者、元選手らの反応もおおむね前向きだ。

 「野球振興の財源が確保されるなら賛成だ」

 「これで野球人気が回復するならいいこと」

 「これまで野球に興味のなかった人たちも、野球クジの導入で野球を見るようになれば歓迎すべきこと」

 といった意見が語られている。元々、ギャンブルが嫌いじゃない、といった多くの日本人の本音も垣間見える。「国が認めた合法的なクジならいいじゃないか」という世論がすでに形成されつつあるようにも感じる。

 私自身、ギャンブルは嫌いではない。野球クジが本当に導入されたら、「一丁、勝負しようか」という気持ちがないわけではない。競技経験のないサッカーを対象としたスポーツクジの「toto」よりも、ずっとプレーし指導にも携わってきた野球なら遙かに勘も働く。一攫千金どころか、「かなり確率の高い収入源にもできるのではないか」といった思いさえ湧き上がる。

 だから、「野球クジ絶対反対」と、道徳論で真っ向否定する立場ではないが、今回の導入への動きはいかにもウソやごまかしが多く、本質的な野球人気回復につながるとは思えない。その意味で、はっきりと疑問を提示したい。

 まず、八百長防止のため「非予想クジにする」という基本方針。非予想クジとは、購入する人が予想するのでなく、コンピューターが無作為に結果を決める方式だ。サッカーの「BIG」(完全クイックピック方式)と同じで、購入者はただお金を払うだけ。そんなクジが野球ファンにとって面白いわけがない。

合わせて2万8000円

 私は、totoが導入された2001年3月から最初の約1年間は、ほぼ毎週このクジにチャレンジしていた。相当のエネルギーを込めて予想し、マルチ(試合ごとに選択肢のうちから複数選択することもできる投票方法)を基本に購入した。毎回1200円を上限に決めていたが、迷ったときには2400円まで手を広げたこともあった。

 2400円は結構な出費だが、当たったときの億単位の賞金、悪くても数千万円の見返りを夢見て、やり始めるとやはり熱くなり、1200円に自制するのは大変だった。しかも、外れ続けていたから迷いが生じる。マルチなので、例えば新潟と東京の試合結果を予想しきれないときには、どちらの勝ちにも賭ける、あるいは引き分けも想定するということができるからだ。するとすぐ、賭ける額が2倍、3倍と増えていった。その代わり、故郷の新潟と、いま住んでいる東京の、どちらのチームが勝っても、引き分けても喜ぶことができていた。

 全13試合の結果を的中させるのは、想像以上に難しかった。当時で言えば、ヴェルディ、アントラーズ、エスパルスといった上位チームでも、必ず勝利するわけではない。中位、下位同士の試合はさらに難しい。しかも、「レッズ(レッドダイヤモンズ)は好きだ」といった気持ちがあると、どうしてもレッズの負けを予想したくない。負けに賭けつつ、勝ちにも印をつける――、また賭け金が倍になる。

 その結果は、と言えば、なんと、1等を2度も当てた。熱心なtotoプレーヤーの中でも、1等を2度当てた経験の持ち主はさほど多くないだろう、と、自慢げに言っているが、その獲得賞金は、合わせて2万8000円程度にすぎなかった。マルチの予想で、いずれも順当なチームが勝ち、ひどく波風のない「正解」だった。そのため、配当が1等とは思えない額で、1回は7500円程度、1回は2万円程度。あまりに安くて、正確に記憶すらしていない。

 そんなわけで、私のtotoへの関心と意欲は、1年を過ぎたあたりで急速に冷え込んだ。

 その後、非予想型のBIGが発売され、ときどき気が向くと買ってはみたが、受け取った時点で大半の試合に0(引き分け)がついていたり、どう見ても勝ちそうのないチームが勝つと予想されていたりするクジを手にすると、その瞬間に損をした気分になる。totoを買ったときは必ずテレビや新聞で結果を確認し、少しドキドキしていたのに、BIGを買ったときには結果を見ようという気さえ失せていた。ちなみに、BIGは1度も当たった経験がない。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  5. 5

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  6. 6

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  7. 7

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。