記事

複業は全然特別じゃない、勝手に世間から「すごいものだ」と思われているだけ──サイボウズの若手社員が複業について思うこと

1/2

fukugyo (2) (1).png

「副業」と「複業」──。本業のかたわら、サブ的に別の仕事をする「副業」と違って、「複業」とは、本業としての仕事を複数持つことを意味します。

そんな「複業」を実践するサイボウズ若手社員4名の座談会。複業のリアルを話しあった前編に引き続き、後編では、複業に対する世間のイメージとそのギャップについて語ってもらいました。

複業って、実はそんなに特別なことじゃないのかも……?

複業は自己実現のため。社内の枠を越えた「社会出世」を考える若手は多い?

安藤 「副業」はお金を稼ぐためにするイメージが強いですが、僕の今の働き方はそうじゃないなって思います。

カレー屋の仕事は、サイボウズの社員であることとはまったくの別軸で全力投球していて。

IMG_0122_mini.jpg
安藤 耕史(あんどう・こうじ)。2014年新卒入社。ソリューション営業部を経たのち、ビジネスマーケティング本部へ異動。現在は自社製品(kintone)の販売戦略に関わる傍ら、奥さんと一緒に高円寺でカレーとビールのお店を営んでいる

DAISUKE 「複業」には、稼ぐこと以外の意義がありますよね。

僕もYouTubeチャンネルを開設した当初は無給に近い状態でしたが、代わりにWebマーケティングの知識が身についたり、応援してくれる視聴者の方が増えていったりすることに大きな意義を感じていました。

175.png
DAISUKE(本名非公開)。2015年新卒入社。ソリューション営業部で公共事業案件を主に担当。全国をかけまわる営業マン。複業ではスポーツ系YouTuberとして動画配信をしたり、コーチングを行っている。具体的な種目やチャンネル名は公言したくないらしい

熱田 私も、共感できるビジョンを持った組織の活動には、収入に関係なく取り組む派です。

でも、好きで携わっているうちにお金をもらえるようになることってありますよね。DAISUKEさんのように最初は無給状態でも、自分なりの価値さえ提供していれば後からお金はついてくると思います。

IMG_0171_mini.jpg
熱田 優香(あつた・ゆか)。2016年新卒入社。パートナー営業(代理店営業)で営業を1年間経験したのち、ビジネスマーケティング本部へ異動。現在はワークスタイルプロモーションを担当している。理想は、「誰もが自分らしく自由に生きられる世の中をつくること」

深澤 熱意があるからこそ、お金をもらうに値する価値を提供できるってことですよね 。

DAISUKE 深澤さんは収入を増やすために複業をはじめたと言ってましたけど、今はどうなんでしょう?

深澤 今、サイボウズとお付き合いのある企業さんで複業しているのは、お金が目的じゃなくて、純粋に「おもしろそう」だと思ったからですね。

社員としてだけではなく、違った立場からもサイボウズに関わってみたいなって。

IMG_0115_mini (1).jpg
深澤 修一郎(ふかさわ・しゅういちろう)。2012年新卒入社。パートナー営業(代理店営業)部で、現在サイボウズで一番大きな代理店を担当。その傍ら、サイボウズとお付き合いのあるパートナー企業にも勤務し、週1回常駐している

安藤 会社員としての仕事と複業、どっちにアクセルを踏むかは、その時々で判断を変えてもいいと思っています。どちらが「主」でどちらが「副」というわけじゃない。

熱田 今の若い世代って、「会社内での出世」というよりも、もっと大きい「社会の中での出世」に目を向けている人が増えてきている気がします。

DAISUKE 「社内出世よりも社会出世」! たしかに、その表現はしっくりきますね。

「風土と制度」があればひとまずOK? 複業のために会社側に担保してほしいこと

102.png

深澤 「社内での出世」だけをその人の評価にしないためには、会社の風土って大事ですよね。

熱田 それでいうと、世代間で「出世」の概念が違うなと感じることもあります。「社内出世」を重視する方も、一定数いらっしゃるのは事実。

「社会出世」の概念が会社全体に風土としてなじんでいれば、複業はよりやりやすいはずです。

DAISUKE あとは、仕事をする上で、会社員としてコミットする「バッファ」を考慮してもらえたらいいなって思います。

安藤 バッファ?

DAISUKE たとえば、先週は120%頑張ったから、今週は80%でコミットしよう、といったような感じです。

そこを自分でコントロールできるようになるだけで、複業のしやすさは格段に上がると思っていて。

深澤 それはすごくわかります。トータルで100%になっていればよくて、その分配を自分で決められるような仕組みが会社にあるといいですよね。

DAISUKE 平日にどうしても複業の方をやりたいときってあるんですよね。「この大会だけは、現地取材してすぐにYouTubeにアップしたい!」とか……(笑)。

逆に、「今週は本業が忙しいからYoutuberの活動はしない」というときもあります。

熱田 たしかに。普通に考えると、そういうときって有給を使うことになるけれど、平日の複業も許容してもらえる制度があると、もっと働きやすくなりそうですね。

IMG_0117_mini (1).jpg

安藤 結局は、会社の「風土と制度」によって、複業のしやすさは左右されますよね。

あわせて読みたい

「副業解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  4. 4

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  7. 7

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  10. 10

    養老孟司氏 考える力身につけよ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。