記事

ダメ出し上司の脳は"快楽物質" が大分泌

1/2

競争心が強く、バリバリと仕事をする「オレ様系おじさん」は、他人へのダメ出しが大好きだ。なぜなのか。それは「気持ちがいい」からだ。人間は「ひとり語り」をしているとき、お金や食べ物、セックスと同じような快楽を感じるという。ダメ出しと快楽のメカニズムについて、コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子氏が解説する――。

*本稿は、岡本純子著『世界一孤独な日本のオジサン』(角川新書)の第4章「オジサンたちのコミュ力の“貧困”」の一部を再編集したものです。

ダメ出し文化の日本の職場にくすぶる「報われない感」

アメリカ人のお笑い芸人、厚切りジェイソンさんは、「仕事と遊びを一緒にしちゃいけないよね」というツイッターユーザーの声に、「なんで? 逆に仕事楽しまないと人生つまらないと思うけどな」「楽しい=不真面目と勘違いしている日本人多いな」と日本人の仕事観に疑問を呈した。そもそも、日本人には「仕事=苦行」、という観念もあるのかもしれない。

画像を見る
写真=iStock.com/stockstudioX

そういった「我慢の美学」は確かに欧米にはあまりない。

「多くの脳科学研究から明らかになったのは、一生懸命、働いて成功すれば幸せになるのではなく、幸せだからこそ、成功するということ。だから最初に、幸せになることを見つけろ。そうすれば、成功があなたを探してついてくる」

スタンフォード大学の研究者、エマ・セッパラ氏が行った「幸せ」についての研究が最近、米国で注目を集めている。我慢して働けば幸せになれるかもと考える日本人の「生産性」は低い、ということだ。

「我慢強い」日本人は、たとえ、相手に嫌気がさしても、愛情がなくなっても、「腐れ縁」で続ける結婚生活が非常に多いが、欧米人にはそんな我慢強さや諦念はみじんもなく、とっとと、別れる。離婚したくなければ、必死に相手のご機嫌もとるし、プレゼントも欠かさないし、「きれいだよ」「素敵よ」「愛しているわ」と言い続ける。会社との関係も同じだ。社員に気に入られなければ辞められてしまうから、会社もラブコールを続けるし、社員もそれにこたえようとする。

▼お互いに言葉をケチりがちなマンネリ夫婦のような上司と部下

日本の企業と社員は「お互いの良さを忘れてしまったマンネリ仮面夫婦」のようなものかもしれない。「釣った魚にエサはやらぬ」と言わんばかりにお互いに忍従を強いる会社システムではやはり、不満の巣窟にならざるを得ないだろう。離婚(転職)して、世間の相場を知れば、案外お互い悪い相手ではなかったと思うこともあるかもしれないが、我慢して一緒にいることを選択すれば、比較検討する対象もなく、本当の価値を見直す機会もない。

マンネリ夫婦は、お互いに言葉をケチりがちだ。ほめるよりもダメ出しをしたがる。日本の職場にくすぶる「報われない感」の根底には、こうしたネガティブ優先のコミュニケーション文化があるように思える。

「ダメ出し」がデフォルトな上司が部下を潰す

大手広告会社の電通において入社1年目の女性社員が過労自殺した問題では、長時間労働ばかり問題視されることが多い。しかし、あの問題の根幹にあるおじさん上司の部下に対する「コミュハラ」も見逃してはいけない。「女子力がない」「残業時間はムダ」「髪ぼさぼさで出勤するな」。(自殺した)彼女のツイッターから垣間見える上司の言葉は、ねぎらいや励ましではなく、典型的な「ダメ出し」コメントばかりだ。

そもそも、人は「ネガティビティバイアス」といい、ポジティブな情報よりネガティブな情報に意識がいきやすいことがわかっている。

だから、上司は部下のネガ情報にばかり目が行き、「ダメ出し」をするし、部下はポジティブなフィードバックよりネガティブなフィードバックばかりが気になってしまう。そんな「ネガ」主流のコミュニケーション文化では、社員をうまく動機付けなどできるわけもない。社員が日本の会社になかなか「やりがい」や「満足感」を覚えにくい理由の一つになっているのではないだろうか。

日本の職場の中でも、特にスポ根的なテストステロン(男性ホルモン)カルチャーの企業はこうした傾向が強い。そういう会社で厳しい競争に勝ち抜き、出世するのは、矢のような「ダメだし」に耐え抜く「鋼(はがね)の精神力」を持った企業戦士であり、部下の身の上を心配するような「共感力」の高い人であることは少ない。

部下を叱咤し、統率するそうした上司は成果を出しやすいので、幹部の覚えもいい。残業も厭わないし、権力欲は強いので、猪突猛進だ。自分自身が「ダメ出し」で鍛えられてきたから、それが部下へのコミュニケーションのデフォルトだと思っている節もある。

▼部下が社長に最も求めるもの「人の話を聞く力」

こうして、ポジよりもネガを拡大視するくせがついてしまうと、なかなかそのマイナス思考から抜け出ることができなくなってしまう。ほめるより、けなす、ケチをつける。こうして「愚痴」や「文句」が口癖の「ダメ出し」「説教」おじさんが量産されていく。

競争心が強く、バリバリと仕事をし、出世していく「オレ様系」おじさんは基本的に、人の話をあまり聞かない。筆者の実施した「コミュ力調査」によると、全国1000人の会社員が「社長に求めるコミュ力」として最も挙げたのは、「話す力」でも「説得する力」でもなく、「人の話を聞く力」であった。

自社の社長のコミュ力の問題点として指摘が最も多かったのは「話が長い」、その次が「対話ではなく一方的に話す」であった。それぐらい、エライおじさんは自分の話をしたがり、人の話に耳を傾けない。他人の言葉に惑わされず、潔い決断を下すことがリーダーシップという「妄信」。それによって、会社を死の淵に追いやり、社員を路頭に迷わせることになった事例は枚挙にいとまがないのだが、「独断的=優れたリーダー」信仰は根強いのだ。

あわせて読みたい

「上司」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  3. 3

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  4. 4

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  6. 6

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  7. 7

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    プラ削減 なぜレジ袋がやり玉に

    川北英隆

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    若い女性好むおじさんのワガママ

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。