記事

最大の兵器輸出国は米国、それでは最大の輸入国は―最新報告で読む「緊張が高まる地域、緊張を加熱する国」

1/2
[画像をブログで見る]

 日本は食糧の約40パーセント、エネルギーの90パーセント以上を輸入し、輸出がGDPの約16パーセントを占めています。その日本にとって、海外の紛争は直接火の粉をかぶらなくとも無縁でいられません。「兵器を多く購入している国」をみることは、いずれ火の手があがりかねないものを含め、緊張の高まる地域を確認できます。

 その一方で、「買う国」がある以上、「売る国」もあるのは当然ですが、今後これらの地域への兵器輸出が増えれば、それは相手のニーズに応えるものであっても、結果的にはさらに緊張を高めることにもなりかねません。日本は2014年に兵器輸出を事実上解禁しており、この点においても無縁ではありません。

どの国が兵器を売っているか

 世界的に有名なスウェーデンの研究機関、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は3月12日、過去5年間の兵器取引に関する報告を発表。2013‐2017年の5年間で、世界では2008‐2012年の5年間と比べて兵器の取引が10パーセント増加しています。兵器取引が全体的に増えていることは、世界全体で緊張が高まることを象徴します。

 SIPRIは最近5年間の兵器輸出額の上位5ヵ国を、上から米国、ロシア、フランス、ドイツ、中国と報告しています。図1は、SIPRIの最新報告とデータベースから作成した、これらの輸出額の動向です。ここからは米国とロシアの兵器輸出額が飛び抜けて大きいことが分かります。米ロの輸出額は、それぞれ世界全体の約30パーセント、20パーセントにおよびます。

 この時期、米国オバマ政権は米軍の海外展開を縮小する代わりに同盟国への武器輸出をそれまでになく拡大。しかし、トランプ政権はオバマ政権以上に安全保障面で海外への関与を深めており、兵器輸出は今後さらに増加すると見込まれます。その場合、これに張り合うようにロシアの輸出額も増えるとみられます。

どの国が買っているか

 SIPRIの報告は、これとともに兵器の輸入額の多い国も紹介しています。それによると、輸入額の多い順にサウジアラビア、インド、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、パキスタンの5ヵ国で、図2はそれぞれの金額を表しています。

 ここから、大規模な兵器の輸入国が中東や南アジアに集中していることが分かります。このうちインドは2008‐2012年までの間から引き続き第1位ですが、第2位のサウジアラビア、第3位のエジプトの伸び率の高さが目を引きます。

 これらの地域では、もともとテロなどで不安定な国が多いだけでなく、国家間の対立も深刻です。例えば、第1位の第5位のインドとパキスタンは、カシミール地方の領有を60年以上にわたって争い、1998年にはお互いを仮想敵として核保有にまで至っています。また、中東ではサウジアラビアを中心とするスンニ派諸国とイラン、シリアの対立が深刻です。

米国の「再加速」

 それでは、緊張が高まる、この「兵器取引のホットスポット」である中東や南アジアに、積極的に兵器を輸出している国はどこなのでしょうか。

 図3は、このうち中東のサウジアラビア、エジプト、UAEの過去5年間の兵器輸入に占める、今回の報告であげられた5ヵ国の内訳を示しています。この3ヵ国はいずれも基本的に米国と安全保障上のパートナーで、特にサウジに関して米国からの兵器輸入額の伸びが目を引きます

 オバマ政権時代、米国はイランとの関係改善を進め、これはサウジアラビアの中国接近を促す一因となりました。しかし、2015年に即位したサルマン皇太子のもと、サウジは宿命のライバル・イランとの対立を深め、イエメン内戦ではイランが支持する反体制勢力フーシ派を、サウジを中心とする周辺スンニ派諸国の連合軍が攻撃。東グータをはじめとするシリア情勢と異なり注目されにくいものの、多くの死傷者を出し、国連は「世界最悪の人道危機」と呼んでいます。

 サウジの強硬な外交方針と、米国の中東進出の「再加速」は、軌を一にしているといえます。

米国のパートナー内の温度差

 それにつれてサウジは米国との関係改善を進め、武器輸入を増加する一方、中国との関係を縮小させました。サウジに近いUAEでも同様の傾向がみられます。グラフでは2013-2017年のUAEの中国からの兵器輸入額は2008-2012年のものを上回りますが、これは2013、2014年だけのもので、サルマン皇太子の即位後はゼロです。

 これに対して、サウジやUAEと同じく米国と安全保障面で協力することの多いエジプトには、やや違ったパターンがみられます。エジプトでは2011年の「アラブの春」で親米的だったムバラク大統領(当時)が失脚。それまで抑えられていた反米世論が噴出しました。米国との関係にすきま風が吹くなか、2014年に就任したシシ大統領は安全保障面でパートナーの多様化を進めており、ロシアからも兵器輸入を増やしています。

 先述のようにトランプ政権のもとで兵器輸出は増加する傾向にあります。とりわけ、トランプ政権がイランと敵対的で、シリア内戦への関与も深める兆候をみせていることから、これらの国に対する米国の兵器輸出はさらに増加するとみられます。その場合、この地域、とりわけエジプトに対するロシアの兵器輸出も増えるとみられます

あわせて読みたい

「武器輸出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    GoTo決断を押し付け合う菅VS小池

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。