記事

会社員が嫌なのではなく「週5日拘束されるのが辛い」だけ。だから働き方を変えてみた

1/2

俺は新卒で入社した会社、そして転職した会社で通算7年半の会社員生活を送りました。当時はいつもいつも思っていました。

「毎週が三連休だったら良いのに!」

現在、自分は特殊な働き方を許容してくれる職場に出会い、週4で会社員。残りの3日はやりたいときに個人事業、遊びたいときはプライベートを満喫するライフスタイルを過ごしています。昔思っていたことが実現できたと言えます。

そこで最近確信に至ってきたのは、「ひょっとしたら週5って働きすぎなんじゃないか?」ということです。

会社員の正規雇用は、週5で最低8時間であることが大原則になっています。本筋から逸れるため実態としてのオーバーワークはいったんふれませんが、会社員(特に事務職)のミニマム労働時間は週40時間が「大人として働くことの不文律」となっています。

結果、多くの人は「自由な時間は週末の2日」という世界観を生きているように思います。俺はこれが悪いと言いたいわけではありません。そうじゃない働き方がもっとあって良いんじゃないかと感じるんです。

7年半で会社員をやめた理由

自分の経験談を語ります。

7年半の会社員生活の後、俺は退職することを決意しました。2015年の夏です。「独立してガッツリ稼ぐぜ!」という熱い思いはこれっぽっちもありませんでした。

その時に抱いていた思いは「書籍を書くことにただ専念したい」「エリートの端っこの方を歩いてきたけど、ドロップアウトしてみたい」「いまの延長線上には掴みたいライフスタイルは訪れないんじゃないか」そういった漠然として混濁(こんだく)したものでした。

それなりに人から羨ましがられるキャリアを持っていただけに、先の見通しもなく辞めるのは打算で判断するとありえない。ただ、ITコンサルタント・ライター・その他の人脈から来る仕事をトータルすると「たぶん食っていける」という気持ちがありました。

「働く=週5で会社員」という呪縛から解き放たれた

いざ辞めてみると、様々なワークスタイルが目に飛び込んで来るようになりました。

休みなく仕事に邁進(まいしん)している経営者。ゆるくやってるのにけっこう稼いでいる中小企業のおっちゃん。ワーカホリックのように働いているフリーランス。働きたいときにだけ働く気ままなフリーランス。何をやってるかわからないのに、それなりに金が回っている謎の人たち(けっこういるんだよ!笑)。

「働く=週5で会社員」という呪縛から、初めて自分が解き放たれたタイミングでした。

同時に、「働く」ことは本当に週5日も必要なのか? ということを再考する機会でもありました。退職してから4ヶ月は本を読んで寝る毎日。そこから1ヶ月は書籍を執筆し、そのあとは「仕事は週2」と心に決めてワリの良い仕事だけをこなしていく日々を過ごしました。

いま振り返ってもメチャクチャなワークスタイルです。でも、これが自分の価値観を粉々に壊し、フラットにしてくれる経験になりました。

そしてバランスに行きつきます。週5で働くのは自由がなさすぎる。さりとて働くのを週2にしてもそこまで自由な時間が必要なわけではない。比較的、高単価なITコンサルタントの仕事で何日までなら就業しても楽しめるだろうか?

これが現在の会社に週4で所属した経緯となります。そして、それは正解でした。


2017年8月29日「なんで会社員に戻ったの?」「コスパがいいからです」──フリーランスから週4会社員×アフリカから出戻り社員、満足ではなく納得しながら働くには

「週5勤務で拘束されるのが辛い」だけの人はそれなりに多いのでは

週5勤務時代は疲れと飽きから、間延びしたような時間を過ごすことが多々ありましたが、たった週4日ならば平日を全力で走りきることが出来ます。いままで週5に薄めていた時間を、濃縮して集中させることが可能となりました。

そう、週4日で5日分の仕事をこなそうと思えば必死になります。そして3日だと厳しいですが、4日ならば、なんとかなるもんです。やると決めての「自由な時間の天引き貯金」です。

同時に、週2日ではどこか休み足りなかった自分も、週3日ならば気だるさのカケラもなく会社に行くことが出来ています。疲れの負債が溜まっていないことを実感します。

個人的な体験談から一般論につなげますが、もしかすると俺だけでなく

「働くこと・会社員がダルいのではなく、週5日拘束されるのが辛い」 「当たり前のことだと諦めていた週2日の休日が、充分ではない」

という人たちがそれなりに多くいるのではないでしょうか。そしてその人たちが仕事を嫌いと自分のことを"誤解"してしまっているのであれば、それは会社にとっても、社会にとっても大きな損失です。

そういった人たちには週4会社員の道を探ってみてほしいのです(もちろん特定の職能かコネクションがあれば、フリーランスでも良いと思いますが)。

20180315_yoh610.jpg

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。