記事

改ざん内閣

これまでも、安倍総理ほどひどい総理大臣はいないと感じていた。例えば、憲法の解釈は変える、自分に歯向かう人は抹消しようとする、自分のお友達だけを優遇する等、具体的な例を挙げたらきりがない。

そして今度は公文書の改ざんである。佐川元理財局長だけの責任にしようとしているが、森友学園を優遇しようとしたのは、安倍総理の奥さんである。自分の奥さんがやったことに関して、官僚に責任を転嫁する、最悪の行為である。

しかも、自分の奥さんが関与している文書は出さず、しかも出した文書は改ざんしている。改ざんしているのは、森友学園の案件だけではなく、加計学園の案件もである。行政文書を何だと思っているのだろうか。

公文書管理法の第一条に「健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源として、主権者である国民が主体的に利用し得るものであることにかんがみ」とある。

公文書は国民の財産である。国民の財産を改ざんする、このような人が総理であって良いはずがない。安倍政権を倒す最大のチャンスが訪れた。国民の皆さんと一緒に戦っていきたいと考えている。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。