記事

チベットは中国と共存可能、完全な独立望まず=ダライ・ラマ

[北京 16日 ロイター] - チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は、欧州連合(EU)加盟国間に協力の精神があるように、チベットは中国と共存できるとの考えを示した。

ダライ・ラマは15日、米ワシントンDCを拠点とする支援団体「チベットのための国際キャンペーン」(ICT)の30周年記念イベントにビデオレターを寄せた。

この中で、チベットの完全な独立ではなく自治を求めているだけであると主張。帰還を望んでいると表明した。

さらに「ご存じの通り、私は常にEUの精神を称賛している」と述べ、「1国の国益よりも、各国共通の利益の方が重要だ。このような考えに基づき、私は中華人民共和国にとどまることを強く望んでいる。中国語の『共和国』という言葉は、ある種の同盟関係を示している」と述べた。

ダライ・ラマは1959年にインドに亡命し、同国北部ダラムサラで亡命政権を樹立した。中国軍はその9年前に、チベットを管理下に置いていた。

あわせて読みたい

「ダライ・ラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  4. 4

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  6. 6

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

  7. 7

    決断力なき小泉環境相の評価急落

    天木直人

  8. 8

    廃業で行き場失う日本の高級木材

    田中淳夫

  9. 9

    F35の組み立て継続へ 米が希望か

    清谷信一

  10. 10

    安倍・中曽根比較のコラムが秀逸

    海住恒幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。