記事

チベットは中国と共存可能、完全な独立望まず=ダライ・ラマ

[北京 16日 ロイター] - チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は、欧州連合(EU)加盟国間に協力の精神があるように、チベットは中国と共存できるとの考えを示した。

ダライ・ラマは15日、米ワシントンDCを拠点とする支援団体「チベットのための国際キャンペーン」(ICT)の30周年記念イベントにビデオレターを寄せた。

この中で、チベットの完全な独立ではなく自治を求めているだけであると主張。帰還を望んでいると表明した。

さらに「ご存じの通り、私は常にEUの精神を称賛している」と述べ、「1国の国益よりも、各国共通の利益の方が重要だ。このような考えに基づき、私は中華人民共和国にとどまることを強く望んでいる。中国語の『共和国』という言葉は、ある種の同盟関係を示している」と述べた。

ダライ・ラマは1959年にインドに亡命し、同国北部ダラムサラで亡命政権を樹立した。中国軍はその9年前に、チベットを管理下に置いていた。

あわせて読みたい

「ダライ・ラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ジャニーズ 戦略誤り厳しい局面

    大関暁夫

  2. 2

    大川長男 脱会原因は清水富美加

    文春オンライン

  3. 3

    わいせつ問われた医師に無罪判決

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    肉食べるな 配慮押し付ける社会

    文春オンライン

  5. 5

    トヨタの中条あやみCMは大正解

    永江一石

  6. 6

    医師わいせつ裁判の弁護士に疑問

    猪野 亨

  7. 7

    橋下氏「高野連の言い訳許すな」

    橋下徹

  8. 8

    不正統計巡る野党の追及は筋違い

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    小室さん 7月合格で一気に結婚か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    働き心地悪さで自滅するメディア

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。