記事

子どもにも広がる「睡眠負債」 原因は「ネットで動画視聴」「宿題や課題に追われている」

子どもも母親も平日の「睡眠負債」を休日に返上しようとする傾向にあるようだ。通販サイトを運営する「ショップジャパン」は3月16日、全国の小中学生の母親800人を対象に実施した「子どもの睡眠の実態」についての調査結果を発表した。

母親の平日の平均睡眠時間は「6時間以内」が22.6%で最も多く、「7時間以内」が合計で9割に上る。休日では「7時間以内」の割合は51.8%にまで減少している。

子どもでも、平日には30.1%に留まっている「8時間以上」の割合が、休日には52.0%に上昇している。母親も子どもも平日の睡眠不足を休日に補おうとしているようだ。

医師は「眠れる社会を作っていかなければならない」と警鐘

小中学生でも睡眠不足
小中学生でも睡眠不足

休日の平均睡眠時間が平日よりも2時間以上長い子どもを持つ母親にその理由を聞いたところ、「子どもが平日あまり寝てなさそうでかわいそうだから」と「子どもが起きないから」がいずれも51.4%だった。「自分も休日なので眠りたいから」も45.7%に上った。

また子どもが睡眠不足だと感じている母親は全体で39.8%だった。子どもが大きくなるにつれて割合が高くなり、中学2年生では過半数の51.5%に上っている。

中学生が睡眠不足になる理由は上から順に「宿題や課題に追われ、寝るのが遅いため」が40.3%、「ゲームをしている」が34.6%、「インターネットの動画を見ている」が34.0%だった。小学生では「テレビを夜遅くまで見ている」が最も多く33.9%だった。

子どもの睡眠不足のために親がしていることは「早く寝るように/起きるように注意する」が70.4%に上っている。中学生の睡眠不足は「宿題や課題」が原因だったにも関わらず、「宿題の進め具合など、子どものスケジュールを管理する」という対策をしている親は15.8%にすぎなかった。

昌仁醫修会・瀬川記念小児神経学クリニックの星野恭子理事長は、この調査について「(子どもが)慢性的な睡眠不足に陥っている」と指摘している。

「今の子どもたちは、忙しいですね。宿題や塾や部活や習い事が遅くまでありますし、テレビやゲームや漫画やSNSなどやることが多すぎます。しかし全部はできません。子どもたちが自分で『今日やること、やらないことを決める力』を育てることが大切だと思います」

また子どもが早く寝るためには、保護者が早く寝ることも必要だといい、「眠れる社会を作っていかなければならない」と話している。

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  2. 2

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  3. 3

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  4. 4

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  5. 5

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  6. 6

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  7. 7

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

  8. 8

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

  9. 9

    24枚ににじむ小室圭さんの“悔しさ”  ネガティブなイメージは払拭されるのか

    文春オンライン

    04月10日 13:56

  10. 10

    「日本で働くから英語は要らない…」これからノーチャンスになる人の根本的勘違い

    PRESIDENT Online

    04月10日 11:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。