記事

始祖鳥は短距離の飛翔可能だった、最新研究で判明

[ワシントン 13日 ロイター] - 鳥類の祖先とされる始祖鳥の翼部分の構造を最新のスキャニング技術で解析した結果、始祖鳥は短距離を飛翔できたとの新たな研究が、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。欧州シンクロトロン放射光施設(ESRF)などが研究を手がけた。

始祖鳥はカラスほどの大きさで、約1億5000万年前のジュラ紀に、現在のドイツ・バイエルン州地域に生息した。近代の鳥類と恐竜の間に共通する特徴が見られ、歯と長い尾を持つが、飛翔に必要な筋肉を支える胸骨は持たなかった。

飛び方は不器用で、キジやクジャク、ミチバシリなどのような飛翔だったと考えられる。しかし飛翔が可能だったことにより、捕食者から逃れたり、島から島へ飛んだりできた可能性があるとみられている。

スウェーデンのウプサラ大学の古生物学者ソフィー・サンチェス氏は「多くの研究者は、始祖鳥は現存のムササビのように木から木へ滑空するといった原始的な飛び方をしていたと考えていた。羽ばたきを伴う飛翔ができたと実際に分かったことは、大きな驚きだ」と述べた。

ただ、近代の鳥類が持つ肩の部分の特徴が欠如しており、現存する鳥類のような羽ばたきは不可能と指摘。「バタフライの泳ぎに似た動作だっただろう」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  10. 10

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。