記事

生活保護の通院過多:医療費の無駄遣いで開業医のお得意様?大阪橋下知事は食い込める?

 読売新聞の年末の記事です。生活保護受給者囲い込みの病院「彼らは上客

 生活保護の患者さんは医療費が無料です。それゆえ一部の生活保護受給者(あえて病気を持っている患者さんとわけています)はすぐに何回も病院に受診します。

 本人の払う医療費は0ですが、地方自治体が医療費を肩代わりすることで税金が使われ、自治体が払うため医療機関には取りっぱぐれがなく、また俗にいうレセプト審査の基準も甘いため、月に何度も受診させて過剰な利益を得ようとする医療機関が現実的に存在しています。

 死亡者が出た2009年の奈良の山本病院事件がまさにこの最たるものです。そして死者でも出ない限りこのパターンは見逃され、無駄な医療費が垂れ流しされます。

 今まで経験している生活保護の患者さんは、本当に申し訳ないという気持ちで病院におみえになる病気をもった患者さんと、新聞の中にも出ているさびしくて誰かに構って欲しい人(この方々も心の病といえばまだ許せます)と、やってもらうのがあたりまえと思われている人がいらっしゃいます。そして診療していて本当に腹立たしくなってしまうのが最後の方です。(まだまだ人間として成熟してないんですよ)

 「私の症状が治らないのは病院がヤブなんじゃないかと役所から言われたわ」と不定愁訴(病気はないが症状がとれない人)が主訴の女性があるとき来院されました。『私が診察するのは最初なので、症状をよくするためにはあなたの生活環境から改善しなければ難しいと思います。それ故どのような生活をされているのか質問させてください』とお願いし、『同居している方はいらっしゃいますか』と確認したら、「何でそんな事を答えなければいけないんですか」と突然お怒りになり、「薬だけください」といって帰られた方がいました。症状を改善させる事は望まれていないようでただ医師にいいたかっただけみたいでした。看護婦さんに聞くとどうも娘夫婦と同居しているのですが、届けには一人で生活している事になっているということでした。(生活保護申請のため)また離婚して一緒に住んでいないはずの生活保護受給者元夫婦が一緒に仲良く受診してくるなど、本当になんですかと思ってしまいます。

 生活保護の患者さんは精神科疾患のかたも多く、以前問題になった貧困ビジネスもおきやすくなってきます。また精神科医も薬漬けにして何度も受診させた方が儲かるため、本当に薬ばかり増えていきます。そして無料なものだから遠慮なく色々なところからたくさん薬をもらい、結果使われず小遣い稼ぎのため横流しする人が増えるんです。つまるところいらない医療行為なんですよね。

 記事の中の「治療より経営優先。はやってナンボ」。医師はそう言う一方、こんな表現で過剰診療を否定した。「患者が自主的に来るから診ているだけ。『毎日来い』とは言っていない」

 マスコミのあいかわらずの医療たたきは気に入りません。しかし残念ですが、法律には違反していないというだけの病院側のコメントです。ただ一般の病院ではひきとってもらえない患者さんを引き受ける必要悪の部分はあるようで、結構難しい部分が存在しています。また患者に使用する治療のお金を考えると、どうしても萎縮する医療になってしまう事は医療従事者として一面事実です。実際お金がなく治療法をかえてしまったことは以前書かせてもらったとおりです。

 生活保護の医療費が財政圧迫のひとつの原因となっている事は事実です。 特に大阪市は貧困ビジネスを含め問題点がかなりあります。そして必要悪の部分もすごい状態です。年末橋下市長はこの分野に切り込む事を言っています。低所得労働者がお金を払っているんですから、やはり一部払うべきでしょうし、一部負担にするだけでいらない医療部分はかなり解消されるでしょう。(睡眠薬の横流し値段も確認し、負担額を決定しなければなりません)日本でも有数の生活保護天国の大阪でどこまで食い込めるのか本当に楽しみです。以前認定を厳しくしたため北九州で餓死した生活保護者が出たと叩いたマスコミがまた出てくるのが心配ですが。まあ彼ならマスコミとは戦うでしょうが。

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  10. 10

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。