記事

財務省が書き換え認め議員団は矛盾を追及 財務省「森友文書」野党合同ヒアリング

1/2


 野党6党(民進・立憲・希望・共産・自由・社民)は12日、財務省「森友文書」ねつ造疑惑野党合同ヒアリングを国会内で開いた。

 森友学園への国有地売却に関わる財務省の決裁文書書き換え疑惑について、財務省の担当者は、「森友事案に関する14件の決裁文書の書き換えが行われていることが分かった。書き換えが行われた経緯や目的は最終的に書き換えの経緯についての人事当局の調査結果を見る必要があるが、これらの書き換えは昨年2月の下旬から4月に本省理財局で行われた」と報告した。

 書き換えを行った理由について財務省の担当者は、「書き換えられた文言を見る限り、これまでの国会での答弁が誤解を受けることとならないようにするために行われたのではないかと現時点では考えている」とした。

 配布された添付資料の「決裁文書の書き換えの状況」を見ると、書き換え前には記載してあるのに書き換え後の部分では記載が削除されていたり、その逆のケースもあることについて、出席議員からは「書き換えではなくて、隠蔽、改ざんだ」と批判が相次いだ。

 桜井充参院議員は、添付資料の20ページに「差替前」と手書きで記載されていることに触れ、「これは差し替え前ですよとわざわざふらなければいけないということは、明らかに故意でやっている証拠だ」と指摘した。また43ページの「議員等の来訪状況」の部分に国会議員と並べて安倍昭恵総理夫人の名前が記載されていることも指摘し、「私人なんでしょう。公的な人ではない人の名前がなぜここに上がっているのか」と述べ、「(昭恵夫人が)一民間人じゃない扱いをするような1人であったわけだろう」と政府答弁で私人としていた安倍昭恵総理夫人の決裁文書での扱いに疑問を投げかけた。

 杉尾秀哉参院議員は、本当にこれですべての文書を出しているのかと質問。「いちいち政府・与党と相談して進めているから、今の政権に都合が悪い決定的なものが出ていないんじゃないかという心配や危惧の念はある」と語った。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  2. 2

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  5. 5

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  6. 6

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ルノーが数日中にゴーン氏解任か

    ロイター

  8. 8

    無闇なインフル通院に医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    金持ちの道楽でない左翼が必要

    常見陽平

  10. 10

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。