記事

東日本大震災で死者行方不明者0、岩手県洋野町の取り組み


【犠牲者ゼロの街の取り組みとは(写真/アフロ)】

 2011年3月11日に発生した東日本大震災。死者1万5893人、行方不明者2553人(2017年3月10日時点)という甚大な被害を出した。

 岩手県北東部にある人口約1万7000人の洋野町。ここは震災で被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の沿岸地域で、唯一、死者・行方不明がゼロだった町だ。過去の津波被害の教訓から、防災の意識が高い町民が多かったのが要因といわれている。

 洋野町では明治三陸大津波で254人、昭和三陸津波で107人もの犠牲者を出した。その多くは八木地区の住民。にもかかわらず、当地区には町内で唯一、防潮堤がなく、人的防災に頼った。

 訓練で「逃げる」ことを徹底。避難誘導などを行い各地で犠牲者が出た消防団も「死んでしまえば、その後の活動もできなくなる。とにかく逃げよう」と、任務終了後は迅速な避難を徹底づけた。

 さらに地域住民が自主的に連携して防災活動を行う「自主防災組織」の活動が住民たちの意識を高めることになった。

「主な活動は防災マップ作りや災害時の避難誘導、安否確認、避難所運営。地域ぐるみで行う防災活動は被害を最小限にとどめ、スムーズな復旧活動にも役立ちました。いざというとき協力し合えるよう、日頃から挨拶を第一に住民同士の交流を深め、災害に強い地域作りを目指してきました」と、町防災アドバイザーの庭野和義さん(66才)は言う。

 自主防災組織の活動の1つに、避難路の掃除がある。

「地域住民が散歩がてら、高台に登る坂道の草刈りや除雪を行います。これにより、逃げる道筋を頭に焼きつけることができ、実際の避難でも大いに役立ちました。組織には全戸が加入し、顔が見える関係を構築したことも生かされたと思います」(庭野さん)

 また、防潮堤がないことの危機感によって、逆に逃げることへの意識も高まった。

「八木地区では昔から震度3でも避難する風潮がありました。結果、東日本大震災で犠牲者どころかケガ人すら出さなかった。誇らしいことです」

 現在一部で防潮堤の建設がスタート。だが、住民の命を守った八木地区の自主防災活動は今でも健在だ。「3.11洋野町の奇跡」と呼ばれ、防災のモデルケースとして注目されている。

※女性セブン2018年3月22日号

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  4. 4

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  5. 5

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  6. 6

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  7. 7

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  8. 8

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  9. 9

    民主党の辞書に反省の文字はない

    非国民通信

    09月21日 20:34

  10. 10

    中国恒大デフォルト懸念広がる、影響の大きさなお不透明

    ロイター

    09月22日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。