記事

森友文書 財務省、書き換え認める・・・20年前の悪夢の再現か

 これで焦点は、誰の指示で書き換えたか、に移る。仮に本省の指示(理財局長または担当室長)ならば麻生大臣の辞任は不可避だろう。トップは責任をとるためにある。公文書管理の法的責任(権限)者、安倍首相の責任も免れない。
 
 それにしても国家の中枢、かつて「我ら富士山、他は並びの山」と自称し、トップエリート官庁と呼ばれた財務省(旧大蔵省)で、こうしたあり得ない改ざんが行われた事実は深刻だ。裁量労働制の前提データがずさんだった事案とは比べものにならない。霞が関の劣化が深刻だ。

 「政治は三流だが官僚が一流だから日本はもっている」(桜田武日経連会長1979年)と嘘でも言ってくれた時代に私は通産省に入った。その霞が関、中央官僚の信用が地に落ちたのが90年代の過剰接待スキャンダルだった。当時の大蔵省に東京地検特捜部の捜査が入った。
 
 「○○しゃぶしゃぶ事件」。口に出すことすら憚れるような金融機関からの接待を受けていたのが超エリートの大蔵官僚だった。キャリア官僚が逮捕され、事務次官確実と言われた幹部が続々と辞表を出した。「俺たちが国を背負っている」「他省庁は並びの山」とおごり高ぶり、誤ったエリート意識が高じた、その「成れの果て」だった。

 あれから20年。一時の官僚バッシングも下火になり、やっと霞が関の再生も、という時にまたこの体たらく。真面目に働いている官僚にはやるせないだろうが、「国家の崩壊は、中枢の腐敗・劣化から始まる」。安倍政権下の「権力の私物化」や「忖度」だけにとどまらない問題がここにある。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  4. 4

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  5. 5

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  6. 6

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  7. 7

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  8. 8

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小室さん「8割超が応援」の衝撃

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。